朝臣(読み)あそん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝臣
あそん

あそみ」ともいう。古代の (かばね) の一つ。八色 (やくさ) の姓 (684制定) の第2位。皇別氏族有力者に与えられたが,のちには有力氏族がこれを称した。平安時代には最高の姓となった。やがて単に身分を表わす言葉となり,特別の由緒ある氏以外は,すべて朝を称するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あそみ【臣】

天武天皇が制定した八色(やくさ)の姓(かばね)の第二位。初めは、皇族から降下した有力氏族に与えられたが、平安時代以後は皇子皇孫にも与えられ、姓の第一位となった。あそ。あそん。

あそん【臣】

《「あそみ」の音変化。中・近世は「あっそん」とも》
あそみ(朝臣)」に同じ。
平安時代、五位以上の人につける敬称。三位以上は姓の下につけ、四位は名の下につけ、五位は姓名の下につけたという。「藤原朝臣」「信隆(のぶたか)朝臣」「在原業平(ありわらのなりひら)朝臣
(代名詞的に用いて)平安時代、宮廷貴族間で使われた、男子に対する呼び方。
「―や、御休み所もとめよ」〈・藤裏葉〉

あっそん【臣】

あそん

ちょう‐しん〔テウ‐〕【朝臣】

朝廷の臣下廷臣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

朝臣【あそみ】

朝臣(あそん)

朝臣【あそん】

〈あそみ〉とも読む。日本古代の(かばね)の一種。天武朝の八色(やくさ)の姓の第2位で,初めは皇別氏族の有力者に賜与(しよ)。平安時代からは最高の姓とみられ,皇子,皇女の臣籍降下の際にも賜与。
→関連項目菅原氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あそん【朝臣】

日本古代の(かばね)の一つ。684年(天武13)に制定された八色の姓(やくさのかばね)の第2位。主として旧姓が臣(おみ)であった有力な氏族に授けられ,系譜的には景行天皇以前の諸天皇の子孫であると称する皇別(こうべつ)の氏族であるのが特徴。ただし旧姓が連(むらじ)の中臣氏,旧姓が公(きみ)の大三輪氏・胸方(むなかた)氏・鴨氏のように神別(しんべつ)とされている氏族もふくまれている。朝臣の語義は,アセ(吾兄)の古形で敬愛の意をあらわすアソ(吾兄)という呼称と,朝廷の臣下であることを示すオミ(臣)との複合語で,漢語の〈朝臣〉をあてはめたものといわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あそみ【朝臣】

古代の姓かばねの一。684年に制定された八色やくさの姓の第二位。最初は皇別の有力な氏に与えられたが、平安時代以降、有力な氏や皇子皇孫にも与えられるようになった。あそ。あそん。あっそん。

あそん【朝臣】

〔「あそみ」の転。「あっそん」とも〕
あそみ」に同じ。
三位以上の人の姓の下、四位の人の名の下に付けて敬意を表す。 「源-頼政」 「源中将それがしの-/狭衣 1
廷臣が互いに敬意をこめて、相手を呼ぶ語。代名詞のように用いる。あなた。 「 -や。御やすみ所もとめよ/源氏 藤裏葉

ちょうしん【朝臣】

朝廷に仕える臣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝臣
あそん

684年(天武天皇13)に制定された八色(やくさ)の姓(かばね)の第二位の姓。第一位の真人(まひと)は、天皇の縁者で功績のあった豪族に与えられたが、朝臣は蘇我(そがの)(石川)臣(おみ)、大春日臣(おおかすがのおみ)、下道臣(しもつみちのおみ)、上毛野君(かみつけぬのきみ)など、それより遠縁とされる有力な豪族に与えられた。初めは真人の下に置かれたが、まもなく逆転し、のちしだいに高い地位を表す姓となった。平安時代以降は第一位の姓として、多くの豪族がこれを名のった。[原島礼二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あそ【朝臣】

〘名〙 親愛の情をこめて他人(男性)を呼ぶ時の称。朝臣(あそみ)
※古事記(712)下・歌謡「たまきはる 内の阿曾(アソ) 汝こそは 世の長人 そらみつ 大和の国に 雁卵産(かりこむ)と聞くや」

あそう【朝臣】

〘名〙 (「あそん(朝臣)」の変化したもの) =あそん(朝臣)
※恵慶集(985‐987頃)「返し能宣のあそう」

あそみ【朝臣】

〘名〙 (「あさおみ(朝臣)」の変化した語か) 古代の姓(かばね)の一つ。天武一三年(六八四)に制定された八色(やくさ)の姓の第二位。はじめは皇族から臣下にくだったと伝承される皇別の有力氏族に与えられたが、平安時代には皇子や皇孫にも与えられ、実質的には姓の第一位となった。その後、単に身分を表わすことばとなった。あそ。あそん。あっそん。→八色(やくさ)の姓(かばね)
※書紀(720)天武一三年一〇月(寛文版訓)「八色(くさ)の姓を作りて、天下の万の姓を混(まろ)かす。〈略〉、二に曰はく朝臣(アソミ)

あそん【朝臣】

〘名〙 (「あそみ(朝臣)」の変化した語)
(イ) 三位以上の人の姓の下(姓朝臣)、四位、五位の人の名の下(名字朝臣)につける。
源氏(1001‐14頃)夕顔「からうじて、惟光のあそんまゐれり」
(ロ) 五位以上の人に対してつける敬称、または親称。
(ハ) 対称、または他称の代名詞のように用いる。きみ。あなた。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「あやしくてうせぬるあそむたちかな」

あっそん【朝臣】

※高野本平家(13C前)一「まぢかくは、六波羅の入道前太政大臣平朝臣(アッソン)清盛公と申し人のありさま」

ちょう‐しん テウ‥【朝臣】

〘名〙
① 朝廷に仕える人。朝廷の臣。〔いろは字(1559)〕 〔管子‐明法解〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の朝臣の言及

【氏姓制度】より

… このような氏の再編の作業はひきつづき行われ,684年(天武13)に,〈八色の姓(やくさのかばね)〉が制定された。その目的は,上位の4姓(かばね),つまり真人(まひと),朝臣(あそん),宿禰(すくね),忌寸(いみき)を定めることで,真人は,継体天皇より数えて5世以内の世代の氏にあたえられたといわれ,皇子・諸王につぐ皇親氏族を特定したので,飛鳥浄御原令で,官位を皇子・諸王と貴族(諸臣)で区別したことと共通する。したがって,貴族の姓(かばね)としては,朝臣,宿禰,忌寸の三つで,これが〈甲子の宣〉の大氏,小氏,伴造氏の発展形であり,その間にさらに氏族の再編が進められ,朝臣52氏,宿禰50氏,忌寸11氏におさめられたのである。…

【八色の姓】より

…天武の新姓ともいう。《日本書紀》天武13年10月条に〈諸氏の族姓(かばね)を改めて,八色の姓を作りて,天下の万姓を混(まろか)す〉とあり,真人(まひと),朝臣(あそん∥あそみ),宿禰(すくね),忌寸(いみき),道師(みちのし),(おみ),(むらじ),稲置(いなぎ)の8種類があげられている。第1の真人は,主として継体天皇以降の天皇の近親で,従来,公()(きみ)の姓を称していたものに授けられた。…

※「朝臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android