コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名護屋帯 ナゴヤオビ

4件 の用語解説(名護屋帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なごや‐おび【名護屋帯】

もと肥前国名護屋で作られた丸打ちの帯。両端に房をつけ、腰に幾重にも巻き、後ろまたは脇で両わなに結び下げる。桃山時代から江戸初期に、男女ともに用いた。名護屋打ち

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

名護屋帯【なごやおび】

女帯の一種。室町末期〜江戸初期に用いられた組帯で,九州の名護屋で作られたのでこの名があるといわれるが,名古屋帯と表されることもあり,定かではない。絹糸を丸打にしてその端に総(ふさ)をつけ,腰に幾重にも巻いて後ろや脇で結び下げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なごやおび【名護屋帯】

桃山時代から江戸時代中ごろまでの小袖に用いた帯の一種。袋状の組紐で両端に房をつけ,2~7巻きして後ろまたは横に結び垂らした。前身は朝鮮から伝わった韓組(からくみ)の帯とみられ,単(ひとえ)の平打ちのものを糸さなだ,袋織のものを縄帯ともいった。はじめ遊女やあぶれ者が用いたが,のちに一般にも広まった。しかし〈組紐は賤しき者のする〉こととして,女房装束などには用いられなかった。語源は肥前名護屋で織られたからとの説が有力であるが,《嬉遊笑覧》などでは名古屋帯と書きあらわしており,定かではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なごやおび【名護屋帯】

〔豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に導入された技術によることから〕
江戸初期から中期にかけて流行した組紐くみひもの帯。絹糸を丸組みまたは平組みにし、両端に総ふさをつけたもの。幾重にも巻き両輪奈もろわなに結びたらす。男女ともに用いた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の名護屋帯の言及

【帯】より

…また,結び方も結び目も一定ではなく,地質も表着のあまり裂(ぎれ)を利用し,平ぐけにするというのが普通であったようである。しかし,桃山時代から江戸時代初期にかけては,平ぐけ帯のほかに,名護屋帯と呼ばれる組紐の帯も用いられた。これには丸組みも平組みもあり,紐の両端には十数cmの房がついていた。…

※「名護屋帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone