コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名護屋帯 ナゴヤオビ

4件 の用語解説(名護屋帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なごや‐おび【名護屋帯】

もと肥前国名護屋で作られた丸打ちの帯。両端に房をつけ、腰に幾重にも巻き、後ろまたは脇で両わなに結び下げる。桃山時代から江戸初期に、男女ともに用いた。名護屋打ち

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

名護屋帯【なごやおび】

女帯の一種。室町末期〜江戸初期に用いられた組帯で,九州の名護屋で作られたのでこの名があるといわれるが,名古屋帯と表されることもあり,定かではない。絹糸を丸打にしてその端に総(ふさ)をつけ,腰に幾重にも巻いて後ろや脇で結び下げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なごやおび【名護屋帯】

桃山時代から江戸時代中ごろまでの小袖に用いた帯の一種。袋状の組紐で両端に房をつけ,2~7巻きして後ろまたは横に結び垂らした。前身は朝鮮から伝わった韓組(からくみ)の帯とみられ,単(ひとえ)の平打ちのものを糸さなだ,袋織のものを縄帯ともいった。はじめ遊女やあぶれ者が用いたが,のちに一般にも広まった。しかし〈組紐は賤しき者のする〉こととして,女房装束などには用いられなかった。語源は肥前名護屋で織られたからとの説が有力であるが,《嬉遊笑覧》などでは名古屋帯と書きあらわしており,定かではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なごやおび【名護屋帯】

〔豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に導入された技術によることから〕
江戸初期から中期にかけて流行した組紐くみひもの帯。絹糸を丸組みまたは平組みにし、両端に総ふさをつけたもの。幾重にも巻き両輪奈もろわなに結びたらす。男女ともに用いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の名護屋帯の言及

【帯】より

…また,結び方も結び目も一定ではなく,地質も表着のあまり裂(ぎれ)を利用し,平ぐけにするというのが普通であったようである。しかし,桃山時代から江戸時代初期にかけては,平ぐけ帯のほかに,名護屋帯と呼ばれる組紐の帯も用いられた。これには丸組みも平組みもあり,紐の両端には十数cmの房がついていた。…

※「名護屋帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名護屋帯の関連キーワード近世御本茶碗十人組桃山時代小袖袴古備前朝鮮唐津後窯武家時代美濃彫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone