コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥前 ひぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥前
ひぜん

佐賀県北部,唐津市西部の旧町域。東松浦半島の西部を占める。 1958年入野村が切木村の大部分を編入,同時に名称変更して町制。 2005年唐津市,相知町,北波多村,厳木町,鎮西町,浜玉町,呼子町と合体し唐津市となる。上場台地の続きで台地面が広く,畑作,畜産が行なわれ,1960年頃からミカンの栽培も増加。三方を海に囲まれ,沿岸部では養殖漁業が行なわれる。海岸近くの高串アコウの自生北限地帯として,国の天然記念物に指定されている。海岸は出入りに富む景勝地で,玄海国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひぜん【肥前】

旧国名の一。佐賀県と壱岐いき・対馬を除く長崎県に当たる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肥前
ひぜん

佐賀県北西部、東松浦(ひがしまつうら)郡にあった旧町名(肥前町(ちょう))。現在は、唐津(からつ)市の西端部を占める地域。旧肥前町は1958年(昭和33)に入野(いりの)村と、切木(きりご)村の一部が合併して町制施行し、旧国名を町名とした。2005年(平成17)浜玉(はまたま)町、厳木(きゅうらぎ)町、相知(おうち)町、鎮西(ちんぜい)町、呼子(よぶこ)町、北波多(きたはた)村とともに唐津市に合併。旧町域は、壱岐(いき)水道に突き出た東松浦半島の西部にある。東の仮屋(かりや)湾と西の日比(ひび)水道に挟まれた小半島をなし、北西沖合いの向島(むくしま)を含む。西南は長崎県に相対し、元寇(げんこう)で知られる日比水道を隔てて鷹島(たかしま)が、また玄海(げんかい)国定公園の多島海の景勝イロハ島を隔てて福島がある。中世は松浦(まつら)党諸氏の勢力圏、近世は唐津藩領域であった。玄武岩の俗称上場(うわば)台地が広がり、葉タバコなどの畑作やミカン園、さらに家畜飼育が目だつ。溺(おぼ)れ谷には高串(たかくし)ほか漁港が点在し、イワシ、タイ、イカ、アジなどの水揚げや、真珠、ハマチなどの養殖をみる。1957年大鶴(おおづる)炭鉱が閉山し過疎化が進んだが、国営土地改良事業や養殖業などが導入され、また国道204号が通じ観光開発も進む。高串アコウ自生北限地帯は国指定天然記念物。1895年(明治28)のコレラ流行の際、防疫に尽くし殉職した増田敬太郎巡査を警神として祀る増田神社がある。[川崎 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

肥前の関連キーワード長崎県東彼杵郡波佐見町村木郷佐賀県嬉野市嬉野町吉田丁佐賀県嬉野市嬉野町下野甲佐賀県佐賀市大和町久池井豊竹新太夫(初代)佐賀県鹿島市浜町肥前忠吉(2代)泉山磁石場跡浦川与右衛門武蔵大掾忠広近江大掾忠広宇多太左衛門有田古窯跡群千々石ミゲル江戸肥前掾天狗谷窯跡肥前風土記山辺田窯跡納所ごぼう陸奥守忠吉

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肥前の関連情報