コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吐糞症 トフンショウ

デジタル大辞泉の解説

とふん‐しょう〔‐シヤウ〕【吐×糞症】

腸閉塞(ちょうへいそく)のこと。消化された腸の内容物を嘔吐(おうと)すると糞臭がするところからいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の吐糞症の言及

【イレウス】より

…閉塞部が下位になるにしたがって腹部膨満は著しくなり,嘔吐の症状は遅れて出,吐物には便臭が混じる。このため,閉塞部が下位のイレウスを吐糞(とふん)症fecal vomitingということもある。腹部膨満は腸管内に液体やガスがたまるためで,閉塞部が下位であるほど,腹壁を通して拡張した腸管とその蠕動(ぜんどう)をみることができる。…

【嘔吐】より

…嘔吐が頻繁にくり返されると,腸の内容物も逆流し,胆汁が混じったり,下部の腸に狭窄や閉塞があると便臭のある腸内容物が吐き出される。後者を〈吐糞症〉という。また,胃潰瘍などで血が混じる場合を吐血という(消化管出血)。…

※「吐糞症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吐糞症の関連キーワード腸閉塞

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android