コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向井可南 むかい かな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向井可南 むかい-かな

?-? 江戸時代前期-中期の俳人。
向井去来の妻。とみ,たみの2女をもうけ,夫の没後は尼となって貞従(貞松とも)と称した。句は宝永2年(1705)刊の去来追善集「誰身(たがみ)の秋」ほか,蕉門句集に散見される。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

向井可南の関連キーワード向井去来可南女中期俳人

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android