コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向井可南 むかい かな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向井可南 むかい-かな

?-? 江戸時代前期-中期の俳人。
向井去来の妻。とみ,たみの2女をもうけ,夫の没後は尼となって貞従(貞松とも)と称した。句は宝永2年(1705)刊の去来追善集「誰身(たがみ)の秋」ほか,蕉門句集に散見される。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

向井可南の関連キーワード向井去来可南女中期俳人

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android