コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向井去来 むかいきょらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

向井去来
むかいきょらい

[生]慶安4(1651).長崎
[没]宝永1(1704).9.10. 京都
江戸時代中期の俳人。通称,嘉平次または平次郎。諱,兼時。字,元淵。別号,落柿舎。元升の子。 24歳頃武士をやめ,陰陽道などの学をもって堂上家に仕えた。貞享年間 (1684~88) 頃其角を介して松尾芭蕉に入門。元禄4 (91) 年芭蕉は洛西嵯峨の去来の別荘落柿舎に滞在して『嵯峨日記』を書いた。同年凡兆と『猿蓑』を共編。芭蕉没後も固く師説を守り,同門の高弟たちが邪道に走るのを座視できず,其角や許六と論争し,『贈其角先生書』『答許子問難弁』などを書いた。篤実な人柄で同門の人々にも尊敬され,芭蕉も最も信頼して「鎮西の俳諧奉行」といったという。許六との論争を収めた『俳諧問答青根が峰』 (1785) や,『去来抄』 (75) ,『旅寝論』 (78) など重要な蕉風俳論を残した。兄の震軒,弟の魯町,牡年,妹の千子,妻の可南も俳諧をたしなんだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むかい‐きょらい〔むかゐ‐〕【向井去来】

[1651~1704]江戸前・中期の俳人。蕉門十哲の一人。長崎の人。名は兼時。字(あざな)は元淵。別号落柿舎(らくししゃ)。京都嵯峨(さが)の落柿舎に住み、芭蕉に師事。野沢凡兆とともに「猿蓑(さるみの)」を編んだ。俳論書「旅寝論」「去来抄」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

向井去来【むかいきょらい】

去来

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向井去来 むかい-きょらい

1651-1704 江戸時代前期の俳人。
慶安4年生まれ。向井元升(げんしょう)の次男。京都で儒者として親王家などにつかえたが,松尾芭蕉(ばしょう)に入門して俳諧(はいかい)に専念。嵯峨(さが)に草庵落柿舎(らくししゃ)をいとなむ。蕉風の忠実な伝え手で,同門中でもおもんじられた。「猿蓑(さるみの)」を野沢凡兆と編集。宝永元年9月10日死去。54歳。肥前長崎出身。名は兼時。字(あざな)は元淵。通称は平次郎。著作に「旅寝論」「去来抄」など。
【格言など】岩はなやここにもひとり月の客(「去来抄」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

向井去来

没年:宝永1.9.10(1704.10.8)
生年:慶安4(1651)
江戸前期の俳人。儒医向井元升 の次男として長崎に生まれ,少年時代に父に伴って京都に移住した。一時福岡の叔父のもとに身を寄せて武芸を学んだ。その功あって25歳のときに福岡藩に招請されるが,なぜか固辞し以後武芸を捨てて京都で浪人生活を送った。貞享初年から文通により松尾芭蕉の教えを受け,同3(1686)年に江戸に下り,初めて芭蕉と会う機会に恵まれた。元禄2(1689)年の冬,近畿滞在中の芭蕉を自分の別荘である嵯峨の落柿舎に招き,同4年の夏には芭蕉の宿舎として落柿舎を提供している。この間「俳諧の古今集」と称される『猿蓑』の編集に,野沢凡兆と共に従事し,芭蕉から俳諧の真髄を学ぶ機会に恵まれた。その著『去来抄』は,蕉風俳論の最も重要な文献とされているが,本書にはこのときの体験に基づく記事が多い。篤実な性格は芭蕉の絶大な信頼を得て,芭蕉は戯れに彼を「西三十三ケ国の俳諧奉行」と呼んだという。しかしこの去来にも,若いころは女性に溺れるような多感な一面があったらしく,丈草書簡に「此人(去来)も昔は具足を売て傾城にかかり候」と記されている。彼は一生正式な結婚をせず,可南という内縁の女性と暮らしたが,この女性はもとは京都五条坂の遊女であったという。<参考文献>大内初夫,若木太一『俳諧の奉行向井去来』

(田中善信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

むかいきょらい【向井去来】

1651~1704) 江戸前・中期の俳人。元升げんしようの子。名は兼時。字あざな、元淵。別号、義焉子ぎえんし・落柿舎らくししやなど。若年で堂上家を致仕し浪人となる。その後、榎本其角との縁で蕉門に入り、「猿蓑」を野沢凡兆と共編で刊行。篤実な人柄で、師説を遵守した。編著「旅寝論」「去来抄」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

向井去来
むかいきょらい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の向井去来の言及

【去来】より

…江戸前期の俳人。姓は向井,通称は喜兵次または平次郎。幼名は慶千代。諱(いみな)は兼時。字は元淵(もとひろ)。義焉子とも号す。長崎の人。長崎後興善町に長崎聖堂の祭酒向井元升の次男として生まれる。兄に元端(震軒),弟に元成(魯町),利文(牡年),妹に千代(千子)らがある。1658年(万治1)父に伴われて京に移住したが,のち福岡に下って武道を修行。75年(延宝3)ごろ武を捨てて京に戻り,77年没した父を継いで典薬となった兄元端を助け,公家に出入りして神道家,陰陽家として天文や暦のことに携わったという。…

※「向井去来」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

向井去来の関連キーワード京都府京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町長崎県長崎市芒づか町長崎県長崎市興善町芭蕉翁廿五箇条俳句(文学)さび(寂)蕉門の十哲井上重厚森川許六嵯峨日記蓑田卯七不易流行榎本其角各務支考寺崎紫白田川移竹向井元成向井魯町向井可南堂上家

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

向井去来の関連情報