コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

含み貸出し ふくみかしだし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

含み貸出し
ふくみかしだし

表面計数に現れてこない銀行貸出し。きわめて日本的現象であって操作貸出しともいう。金融引締め期には日本銀行は各都市銀行の月中貸出し増加枠を設け,いわゆる窓口査定を行なったため,各都市銀行は貸出し枠を上回った部分の貸出しについては各種の操作をして,表面上の貸出残高を小さくした。操作の方法はいろいろあるが,最も代表的なものは月末に貸出し先企業から一時的に貸出しを返済させ,月初に再び貸出しを行う方法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android