吸収線(読み)きゅうしゅうせん

  • きゅうしゅうせん キフシウ‥
  • きゅうしゅうせん〔キフシウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 連続スペクトルに現われる暗黒の線。連続スペクトルを出す光源から出た光が気体状の原子中を通過するとき、その原子によって特定な波長の光が吸収されるために生ずる。太陽光線中のフラウンホーファー線はこの例。暗線。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の吸収線の言及

【太陽スペクトル】より

… さらに細かい波長に分けて太陽光を調べて見ると,太陽スペクトルには連続した光(連続スペクトル)の間に多数の暗線が認められる。これを吸収線,または発見者の名をとってフラウンホーファー線という。これらの吸収線は図2に示すように各種の原子やイオンに特有の波長を示している。…

※「吸収線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android