コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸収線 きゅうしゅうせん

デジタル大辞泉の解説

きゅうしゅう‐せん〔キフシウ‐〕【吸収線】

暗線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吸収線の言及

【太陽スペクトル】より

… さらに細かい波長に分けて太陽光を調べて見ると,太陽スペクトルには連続した光(連続スペクトル)の間に多数の暗線が認められる。これを吸収線,または発見者の名をとってフラウンホーファー線という。これらの吸収線は図2に示すように各種の原子やイオンに特有の波長を示している。…

※「吸収線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

吸収線の関連キーワードエドワード・アーサー ミルンマカルーソ‐コルビノ効果P.J.C. ヤンセンフラウンホーファー線反磁性ファラデー効果T逆シュタルク効果シュワルツシルトリオ・フィルターオングストロームストークスシフトシュタルク効果吸収スペクトルレプ(rep)太陽スペクトルコル・カロリスペクトル型紫外線天文学ダビドフ分裂天体物理学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吸収線の関連情報