コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光源 コウゲン

百科事典マイペディアの解説

光源【こうげん】

照明,による情報,制御などに利用される光を発生する源。一般に人工光源をいう場合が多い。発光原理から,1.放射熱によるもの(白熱電球ハロゲン電球),2.放電発光によるもの(水銀灯蛍光灯ストロボライトなど),3.電界発光によるもの(エレクトロルミネセンス発光ダイオードなど),4.レーザー発光によるもの(各種のレーザー)に四大別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

光源

 写真撮影に一番大事なものは光。その光を発するみなもとは、多くの場合は太陽光であるが、室内撮影の場合は白熱灯や蛍光灯、あるいはストロボなどを撮影のための光源とすることもある。月の明かりを利用し、長時間露光で撮影するということも可能である。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

光源(こうげん)

澤好摩の第四句集。2013年刊。1999年から2010年までの作品を収録。著者は本作の功績により、第64回文化庁芸術選奨にて文科大臣賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうげん【光源 light source】

照明,光による情報・制御などに利用される光を発生するみなもと。一般に人工光源をいう場合が多く,エネルギーの変換によって作られた光を放出する面または物体が,その具体例である。発光原理から光源を分類すると,表のとおりである。照明に使用される光源は,熱放射による白熱電球,ハロゲン電球とルミネセンスによる蛍光ランプ,水銀ランプ,蛍光水銀ランプ,安定器内蔵型水銀ランプ,メタルハライドランプ,高圧ナトリウムランプ,低圧ナトリウムランプがおもなものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうげん【光源】

光を発するもと。発光するもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

こうげん【光源】

光を発生するもの。太陽などの自然物も含まれるが、一般には蛍光灯白熱電球LED電球などの人工物をいうことが多い。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光源
こうげん

光を発生する物体の総称。太陽をはじめ、ホタルなどの生物から、ろうそく、白熱電球、蛍光ランプ、レーザー発光体などまで多種多様のものが含まれる。ただし、普通、光源という場合は、人工的につくられたものをさすことが多い。発光の原理現象によって分類すると、物体が高温度に加熱されて発光する熱放射と、熱や温度に関係なく、原子や分子のエネルギー状態の変換によって発光するルミネセンスとの二つに大別することができる。それぞれの現象をさらに細かく分類すると、のようになって、最終の「光源の種類」に示した各行の光源名と結び付く。たとえば、高圧ナトリウムランプは高圧放電ランプの一種であるが、その発光原理は放電発光(電気ルミネセンス)というルミネセンスに基づくものであり、白熱電球の光は白熱発光の一種で熱放射に基づくものである。[小原章男]
 一般的に、熱放射では連続スペクトルが発生するため、演色性のよい光が得られるが、目に見えない赤外線も同時に発生するため、その分効率が低くなるという特徴がある。これに対してルミネセンスでは、特定の波長の光が発生するため、発光体の成分などをうまく調整することによって必要な波長の光を集中的に発生させることが可能となり、高い効率を得ることができる。その反面、可視域の発光が特定の波長に集中するため、すべての色を正しく再現するわけにはいかず、熱放射に比べて演色性は低くなる傾向がある。[別所 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の光源の言及

【ランプ】より

…油,ガス,電気などを使用した灯火具,照明器具をいい,日本では洋灯とも呼ばれる。ただし,洋灯は石油ランプに限定されて使われる言葉である。ランプの形式は卓上に置かれる卓上ランプ,天井などから吊(つ)るす吊りランプ,手に持ち歩く手さげランプ,床の上に置かれる丈の高いフロア・ランプなどいろいろな形式がある。 灯芯を油に浸して点火するオイル・ランプは,人間が油の利用を考え出したときから始まった。最古の例としては,後期旧石器時代末に属する,フランスのラ・ムート洞窟出土の砂岩製ランプがあげられる。…

※「光源」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光源の関連キーワードピンスポット(ダウンライト)colour meterスパロウの規準(光学)アーク灯・アーク燈ホワイトバランスコールドミラーキセノンランプライトスケープ小型変形蛍光灯ガスバーナーダウンライト水素ランプキーライトD65光源キセノン灯光り天井光学架台標準光源写り込みアーク灯

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光源の関連情報