コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗線 アンセン

大辞林 第三版の解説

あんせん【暗線】

連続スペクトルの中に現れる暗黒の線。太陽光のスペクトルのフラウンホーファー線などがその例。吸収線。 → 線スペクトル

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

暗線の関連キーワードシュスター‐シュヴァルツシルトのモデルM.G.J. ミネールトP.J.C. ヤンセンフラウンホーファー線フラウンホーファー天文学史(年表)吸収スペクトル太陽スペクトルドップラー効果フランクランド閃光スペクトル原子スペクトルウォラストン線スペクトルスペクトル線光の科学史マッハ効果天体分光学分光視差羊毛斑

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android