吸角法(読み)きゅうかくほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸角法
きゅうかくほう

コップ状のガラス器具にゴム球をつけたもの (吸い玉) を利用して行う放血,瀉血法。普通,少量のアルコール類を浸した綿をコップの中で燃やし,開口部皮膚に密着させ,真空状態にして皮膚を吸圧して充血を引起す方法をとる。世界各地,ことにヨーロッパでは 17~18世紀頃は主要な医療法の1つであった。事前に皮膚を乱切しておいて血や膿を吸取る観血法と,局所刺激だけに期待する非観血法があり,後者は民間療法として伝えられている。日本でも浜田式吸圧療法,真空浄血療法などの民間療法がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android