コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

充血 じゅうけつhyperemia

翻訳|hyperemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

充血
じゅうけつ
hyperemia

動脈性の血液が組織,臓器などに増加した状態をいう。炎症性充血,仕事による血などと表現する。局所は鮮赤色となり,腫脹し,温度が上がる。静脈性の充血もあるが,この場合は通常,うっ血と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐けつ【充血】

[名](スル)体の一部で動脈末梢の血管が拡脹し、その部位に通常より多く血液の集まっている状態。赤く見え、温度も高い。→鬱血(うっけつ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

充血【じゅうけつ】

動脈血が組織内の血管腔に増加する現象。局所の動脈性小血管や毛細血管の拡張によって起こる。炎症時,臓器組織の機能高進時や,肺・腎のように対をなす臓器の一方の血流が止まるか減ったときの他方の臓器などに見られる。
→関連項目雪眼炎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうけつ【充血 hyperemia】

動脈血が局所に異常に増加した状態で,動脈とくに細小動脈が拡張し,大量の動脈血が流入しておこる。似たようなものに鬱血(うつけつ)があるが,これは静脈血が異常に増加した状態をいい,充血とは異なる。動脈は血管運動神経の作用により拡張・収縮する。そこで血管拡張神経が緊張したり,血管収縮神経の麻痺などによって充血がおこる。また,炎症による炎症性充血,機能亢進による機能性充血,対をなしている臓器の一側で血液の灌流が停止するか減少した場合に他側におこる代償性充血,ある局所で血行の停止または虚血がおこるとその付近の組織におこる傍側性充血(側副性充血ともいう)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうけつ【充血】

( 名 ) スル
体のある部分で動脈血が異常に多くなること。炎症や外部刺激により起こる。 「 -して目が赤い」 → 鬱血うつけつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

充血
じゅうけつ

局所におこる血液の循環障害の一つ。血液、リンパ液、および組織液の総称である体液の循環に障害がおこった場合、一般に循環障害とよぶが、血液の循環障害がもっとも重要である。血液循環障害には、大循環、小循環、門脈などにおこる比較的全身性の場合と、局所におこる血液の循環障害とがあり、後者は病理学的に貧血、充血、うっ血、出血、血栓症、塞栓(そくせん)症、梗塞(こうそく)に分類されている。充血とは、臓器・組織中に流入する血液の量が増加している状態をいう。生理的な状態でも、消化時に腸粘膜が充血することはしばしば認められるが、これは一般に機能亢進(こうしん)のために生ずるものである。一方、局所に流入する血液を入れる血管が太くなる場合には、当然、その局所の血液の量は増加し、充血をおこすことになるが、これは、その血管を支配している神経の障害、すなわち血管収縮神経の麻痺(まひ)、あるいは血管拡張神経の緊張、血管壁自体に存する筋肉の麻痺などによるものである。また、臓器・組織の一部に貧血がおこると、その付近または他の場所に充血がみられることがあり、これは代償性充血とよばれる。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

充血の関連キーワード黄疸出血性レプトスピラ病塩酸テトラヒドロゾリン強膜炎・鞏膜炎フェニレフリンカプサイシンナファゾリン流行性結膜炎トラコーマ皮膚紋画症ドライアイ兎眼・兔眼早打ち肩デング熱眼精疲労喉頭結核逆上せ目痣・黶動脈血虹彩炎血走る

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

充血の関連情報