吹荒・吹遊(読み)ふきすさぶ

精選版 日本国語大辞典の解説

ふき‐すさ・ぶ【吹荒・吹遊】

[1] 〘自バ四〙 (吹荒) 風が吹きあれる。荒々しく風が吹く。ふきすさむ。
※玉葉(1312)夏・三七四「五月雨の雲吹きすさぶ夕風に露さへかをる軒の橘〈藤原為道〉」
[2] 〘他バ四〙 (吹遊) 心にまかせて笛などを吹く。なぐさみに笛などを吹く。ふきすさむ。
※源氏(1001‐14頃)末摘花「御笛どもふきすさびておはすれば」

ふき‐すさ・む【吹荒・吹遊】

[1] 〘自マ四〙 =ふきすさぶ(吹荒)(一)
閑居友(1222頃)上「ひらやまおろしふきすさみて〈略〉うつらいとあはれにきこえしか」
[2] 〘他マ四〙 =ふきすさぶ(吹荒)(二)
※枕(10C終)一四二「神楽の笛のおもしろくわななきふきすさまれてのぼるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android