吾妻ひでお(読み)あづま ひでお

知恵蔵mini「吾妻ひでお」の解説

吾妻ひでお

漫画家。1950年2月6日、北海道生まれ。69年に『リングサイド・クレージー』でデビュー。ギャグ漫画からSF漫画、少女漫画まで幅広いジャンルを描く。特に『ふたりと5人』や『不条理日記』などで人気を博した。79年には『不条理日記』で第10回星雲賞コミック部門を受賞。『オリンポスのポロン』や『ななこSOS』はアニメ化もされた。80年代後半から重度のアルコール依存症を抱え、2度失踪して路上生活をしていた。2005年にそれらの経験をもとに描いた『失踪日記』が話題となり、第34回日本漫画家協会賞大賞、第9回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第10回手塚治虫文化賞マンガ大賞などを受賞した。19年にはイタリアの漫画賞であるグラン・グイニージ賞の「再発見された作品」部門を受賞した。2019年10月13日死去。享年69。

(2019-10-24)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報