コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉沃尭 ごよくぎょうWú Wò yáo

世界大百科事典 第2版の解説

ごよくぎょう【呉沃尭 Wú Wò yáo】

1866‐1910
中国,清末の小説家。広東省南海の人。字は趼人(けんじん),筆名は我仏山人ほか。20歳から上海で文筆活動に入り,南宋亡国の悲劇を描いた《痛史》(1905),代表作《二十年目睹之怪現状》および《九命奇冤》《恨海》(以上1906),《発財秘訣》(1908)など多数の小説を書き,また雑誌《月月小説》を主宰した。清末社会を,多様な素材と多様な手法で描くのが得意で,啓蒙家としての資質もそなえていた。【中野 美代子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の呉沃尭の言及

【二十年目睹之怪現状】より

…中国,清末の白話長編小説。呉沃尭(ごよくぎよう)が《新小説》誌に連載ののち1906‐10年(光緒32‐宣統2)に単行。全108回。…

※「呉沃尭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呉沃尭の関連キーワード5月29日

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android