コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十年目睹之怪現状 にじゅうねんもくとのかいげんじょうEr-shi-nian mu-du zhi guai-xian-zhuang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二十年目睹之怪現状
にじゅうねんもくとのかいげんじょう
Er-shi-nian mu-du zhi guai-xian-zhuang

中国,清末の口語章回小説呉沃堯 (ごよくぎょう) の作。 108回。光緒 28 (1902) 年『新小説』に連載され,のち同 33年から宣統1 (09) 年にかけて単行本となった。「九死一生」と名のる男が,20年にわたって全国を旅行した間に見聞したさまざまな社会の「奇怪な現状」を一人称で語ったもの。腐敗した清末の官吏,商人,文人たちの生態が,短い挿話の積重ねのうちに次から次へと描き出され,その虎狼のような連中から危うく逃れたというのが主人公の名のいわれである。やや類型的で生硬な点が多いが,清末に流行した「譴責 (けんせき) 小説」の代表的作品の一つとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅうねんもくとのかいげんじょう【二十年目睹之怪現状 Èr shí nián mù dǔ zhī guài xiàn zhuàng】

中国,清末の白話長編小説。呉沃尭(ごよくぎよう)が《新小説》誌に連載ののち1906‐10年(光緒32‐宣統2)に単行。全108回。作者の分身と思われる主人公〈九死一生〉が,各地を商用旅行した20年間に目睹した社会各層の内幕を,一人称体で書いたもの。誇張された筆致が,冷徹な描写を妨げているが,清末社会を生き生きととらえた清末小説の傑作の一つである。【中野 美代子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android