コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十年目睹之怪現状 にじゅうねんもくとのかいげんじょう Er-shi-nian mu-du zhi guai-xian-zhuang

2件 の用語解説(二十年目睹之怪現状の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二十年目睹之怪現状
にじゅうねんもくとのかいげんじょう
Er-shi-nian mu-du zhi guai-xian-zhuang

中国,清末の口語章回小説呉沃堯 (ごよくぎょう) の作。 108回。光緒 28 (1902) 年『新小説』に連載され,のち同 33年から宣統1 (09) 年にかけて単行本となった。「九死一生」と名のる男が,20年にわたって全国を旅行した間に見聞したさまざまな社会の「奇怪な現状」を一人称で語ったもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅうねんもくとのかいげんじょう【二十年目睹之怪現状 Èr shí nián mù dǔ zhī guài xiàn zhuàng】

中国,清末の白話長編小説呉沃尭(ごよくぎよう)が《新小説》誌に連載ののち1906‐10年(光緒32‐宣統2)に単行。全108回。作者の分身と思われる主人公〈九死一生〉が,各地を商用旅行した20年間に目睹した社会各層の内幕を,一人称体で書いたもの。誇張された筆致が,冷徹な描写を妨げているが,清末社会を生き生きととらえた清末小説の傑作の一つである。【中野 美代子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二十年目睹之怪現状の関連キーワード海上花列伝官場現形記鏡花縁児女英雄伝儒林外史中編小説長編小説白話文学呉沃尭三俠五義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone