コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十年目睹之怪現状 にじゅうねんもくとのかいげんじょうEr-shi-nian mu-du zhi guai-xian-zhuang

2件 の用語解説(二十年目睹之怪現状の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二十年目睹之怪現状
にじゅうねんもくとのかいげんじょう
Er-shi-nian mu-du zhi guai-xian-zhuang

中国,清末の口語章回小説呉沃堯 (ごよくぎょう) の作。 108回。光緒 28 (1902) 年『新小説』に連載され,のち同 33年から宣統1 (09) 年にかけて単行本となった。「九死一生」と名のる男が,20年にわたって全国を旅行した間に見聞したさまざまな社会の「奇怪な現状」を一人称で語ったもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅうねんもくとのかいげんじょう【二十年目睹之怪現状 Èr shí nián mù dǔ zhī guài xiàn zhuàng】

中国,清末の白話長編小説呉沃尭(ごよくぎよう)が《新小説》誌に連載ののち1906‐10年(光緒32‐宣統2)に単行。全108回。作者の分身と思われる主人公〈九死一生〉が,各地を商用旅行した20年間に目睹した社会各層の内幕を,一人称体で書いたもの。誇張された筆致が,冷徹な描写を妨げているが,清末社会を生き生きととらえた清末小説の傑作の一つである。【中野 美代子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone