資質(読み)シシツ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 生まれつきの性質や才能。資性。天性。姿質。
※童子問(1707)中「夫修養之引年、資質之変化、皆可勉而至焉」
※富岡先生(1902)〈国木田独歩〉三「ただ其資質(シシツ)に一点我慢強い処のある上に」 〔塩鉄論‐相剌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の資質の言及

【能力】より

…一般に能力は,教育や環境などの後天的要因と素質的・生得的要因の複合の結果,個人の中に形成されるものである。これに対して,生得的素質によって規定されている個人の潜在的可能性を性能または資質capacityというが,能力という言葉はこれを含む上位概念として使われる場合もある。 ところで人間の能力の構造および規定要因をどのように考えるかは,時代と社会によって異なり,またしばしば論争の的になる。…

※「資質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

資質の関連情報