コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周文矩 しゅうぶんくZhōu Wén jǔ

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうぶんく【周文矩 Zhōu Wén jǔ】

中国,五代南唐の宮廷画家。句容(江蘇省)の人。生没年不詳。後主李煜(りいく)に仕えて翰林待詔となった。山水,人物,ことに仕女画(美人画)を最も得意とし,周昉(しゆうぼう)に学んでさらにその表現に繊麗さを加えた。また,中主李璟(りえい)のとき,山水画家の董源,花鳥画家の徐崇嗣らとともに《賞雪図巻》(1949,亡失)を合作し,五代における江南画壇の水準の高さを示した。伝称作品に《宮中図巻》(クリーブランド美術館),《唐宮春暁図巻》(ビラ・イ・タッティ),《琉璃堂人物図巻》(メトロポリタン美術館),《李後主観碁図巻》(フリーア美術館)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

周文矩の関連キーワード仕女図

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android