コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周波数割当 しゅうはすうわりあてfrequency allocation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周波数割当
しゅうはすうわりあて
frequency allocation

無線通信の混信を防ぎ,電波の公平で能率的な利用を確保するために,無線局の使用する周波数を割当てること。この場合,国際的にも国内的にも,国際電気通信条約附属無線通信規則によって定める周波数帯分配表に従わなければならない。これでは,世界共通に使用する周波数帯と,世界を3地域に分けてその地域内だけで使用できる周波数帯に分けている。日本は第3地域に属し,総務省が周波数分配表を定めている。それによると,ラジオ放送用は,標準放送 525kHz~1605kHz,短波放送3,6,7,9,11,15,17,21および 25MHz帯,超短波 (FM) 放送 76MHz~90MHz,テレビ放送用は,VHF帯 90MHz~108MHzと 170MHz~222MHz,UHF帯 470MHz~770MHz,SHF帯 12,092GHz~12,200GHz,このほか,陸上移動・海上移動・航空移動・無線測位業務およびその他の地上業務,宇宙無線通信業務,電波天文業務などに割当てられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうはすうわりあて【周波数割当】

国際電気通信条約付属無線通信規則(〈国際電気通信連合憲章・条約〉)によれば,周波数割当は,〈無線局が特定の条件の下で無線周波数を使用することに対して主管庁(日本では郵政省)が与える許可〉と定義されている。有限な周波数資源の有効かつ効率的な使用を図り,混信のない無線通信の運用を保証するために行われるものである。そのためには周波数の分配が必要であり,どのような業務に,どの周波数帯で,どれだけの周波数の使用を認めるかが定められている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の周波数割当の言及

【電波監理】より

…この電波は空間を自由に飛び交い,国内はもちろん世界中に伝わっていく特性を有しているので,電波の発射を放任すると,相互に混じって受信されるなど電波の利用に混乱が生じる。また使用できる電波は物理的に有限であるので,多種多様な利用分野における電波の旺盛な需要にこたえていくためには,適切な周波数の分配計画を確立し(周波数割当),効率的な使用を図らなければならない。このため,電波の利用は国際的にも国内的にも厳格に規律していくことが必要となり,各国は国際電気通信連合憲章・条約を締結して電波を国際的に監理するとともに,国内的にはこの条約に基づいて電波法放送法を制定して,電波監理を行っている。…

※「周波数割当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

周波数割当の関連キーワードテレビジョン(テレビ)国際周波数登録委員会ソフトバンク(株)UHFテレビ放送放送用電波FM放送中波放送放送局FCC

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android