コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周鶴芝 しゅう かくし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

周鶴芝 しゅう-かくし

?-? 明(みん)(中国)の武将。
明の滅亡後,明王族の唐王につかえ,水軍都督となる。明の復興をはかり,正保(しょうほ)2年(1645)と4年に日本に援兵をもとめたが,実現しなかった。のち清(しん)軍に敗れ,日本にのがれたという。黄宗羲日本乞師(きっし)記」にしるされた周崔芝(さいし)と同一人ともいわれる。福清県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android