命を全う持つ亀は蓬莱に逢う(読み)いのちをまとうもつかめはほうらいにあう

精選版 日本国語大辞典の解説

いのち【命】 を 全(まと)う持(も)つ亀(かめ)は蓬莱(ほうらい)に逢(あ)

長生きすれば幸運に恵まれることのたとえにいう。
御伽草子・唐糸草子(室町末)「御命をよくよく惜しませ給ふべし。いのちをまたふもつかめは、ほうらいにあふとかや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android