命取め(読み)いのちとりめ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「め」は接尾語) 魂を奪われ、身を滅ぼすような、また、そのようになっても惜しくないと思われるほどの美しい者への呼びかけ。おもに女性にいう。命め。
※浮世草子・椀久二世(1691)下「是堺町の名物命とりめ、何の産れ替りあのうつくしさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android