コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和気知康 わけの ともやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気知康 わけの-ともやす

?-? 平安時代後期の医師。
和気重基(しげもと)の長男。権鍼(ごんのはり)博士兼丹波介,主税頭(ちからのかみ),安芸(あきの)権介などを歴任。養和元年(1181)勅をうけて「灸穴取対法」をあらわした。法名は覚蓮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

和気知康の関連キーワード和気重基和気信康

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android