コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和気重基 わけの しげもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気重基 わけの-しげもと

?-? 平安時代後期の医師。
典薬頭(てんやくのかみ),施薬院使兼丹波権守(ごんのかみ),主税(ちからの)頭などをつとめる。大治(だいじ)5年(1130)関白藤原忠通(ただみち)の腫物(はれもの)を灸(きゅう)でなおした。鳥羽(とば)天皇,崇徳(すとく)天皇も治療。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

和気重基の関連キーワード和気知康典薬頭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android