和泉酢(読み)いずみ

精選版 日本国語大辞典の解説

いずみ‐ず いづみ‥【和泉酢】

〘名〙 和泉国(大阪府南部)から産する上等の酢(す)
※雲形本狂言・酸薑(室町末‐近世初)「誠に和泉酢(イヅミズ)の名物はどなたにもよう御存知有て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の和泉酢の言及

【酢】より

…平安京の官設の東西の市に酢の店は見えないが,すでに奈良時代から市で販売されており,平安期にも当然商品として売買されていたと思われる。室町時代には〈和泉酢(いずみす)〉の名がうたわれていた。《庭訓往来》以下の諸書に見えるもので,狂言《酢薑(すはじかみ)》には和泉酢を売り歩く行商人が登場する。…

※「和泉酢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android