コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和泉国 いずみのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和泉国
いずみのくに

現在の大阪府南部。畿内の一国。下国。もと茅渟 (ちぬ) とも称し,初めは河内国の一部。霊亀2 (716) 年珍努 (ちぬ) 宮造営のため,河内国から和泉など3郡をさいて和泉 (いずみげん) をおいたが,天平 12 (740) 年,再び河内国に合併。さらに天平宝字1 (757) 年,分離して一国となる。国府は和泉市府中町,国分寺は同市国分町。『延喜式』には大鳥,和泉,日根 (ひね) の3郡が数えられる。大鳥郡には延喜式内社で名神大社に列し,その後は当国の一宮と称せられた大鳥神社があり,中臣氏の一族であった大鳥連がその祖神を祀った。『和名抄』には郷 24,田 4569町余が記載されている。和泉は景勝の地であったため,深日,新治など天皇家の宮が営まれることも多く,したがって天皇の行幸もしばしば行われた。また権門勢家,社寺の荘園となる地も少くなかった。鎌倉時代初めには佐原氏,逸見氏が守護となったが,承久の乱 (1221) 以後は北条氏一門の支配となり,南北朝時代から室町時代にかけては楠木氏,畠山氏,山名氏,細川氏,仁木氏,三好氏と勢力の転変が続いた。豊臣秀吉は弟の秀長に和泉を知行せしめ,江戸時代には岡部氏の岸和田藩,渡辺氏の伯太藩があり,堺は直轄領であった。明治4 (1871) 年の廃藩置県では7月に岸和田県と伯太県となり,11月に堺県,そして 1881年に大阪府に併合。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いずみ‐の‐くに〔いづみ‐〕【和泉国】

和泉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

和泉国【いずみのくに】

旧国名。泉州とも。畿内に属し,現在大阪府南西部。温暖のため古くから離宮があり,716年河内(かわち)国から分離して和泉監(げん)を置いたが,740年廃止によって河内国に併合,757年和泉国として独立。
→関連項目大阪[府]近畿地方茅渟

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

いずみのくに【和泉国】

現在の大阪府南西部を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で畿内(きない)を構成する5国の一つ。「延喜式」(三代格式)での格は下国(げこく)。国府は現在の和泉市府中(ふちゅう)町、国分寺は同市国分(こくぶ)町におかれていた。平安時代から鎌倉時代にかけて、多数の皇室、摂関家、寺社などの荘園(しょうえん)が経営された。南北朝時代から室町時代守護は楠木(くすのき)氏、山名氏、大内細川氏、三好(みよし)氏と変わり、その間、堺(さかい)が遣明(けんみん)船の発着地、南蛮(なんばん)貿易の中継地となって繁栄した。江戸時代には堺が幕府直轄領となり、他に2藩がおかれ、幕末に至った。1868年(明治1)に堺県ができ、1871年(明治4)の廃藩置県を経て1881年(明治14)に大阪府に編入された。◇泉州(せんしゅう)ともいう。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いずみのくに【和泉国】

旧国名。泉州。現在の大阪府南西部にあたる。
【古代】
 五畿内に属する下国(《延喜式》)。河内国に属したが,716年(霊亀2)に珍努(ちぬ)宮の造営や管理にあてるため大鳥郡,和泉郡,日根郡の3郡を特別行政区画の和泉監(げん)として分離,740年(天平12)河内国に再び合併,757年(天平宝字1)和泉国として独立した。国府は和泉郡,現在の和泉市府中町付近にあった。《和名抄》によると大鳥郡10郷,和泉郡10郷,日根郡4郷からなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和泉国
いずみのくに

五畿内(きない)の一国。現在の大阪府の南部にあたる旧国名。略称泉州(せんしゅう)。北は摂津国、東は河内(かわち)国、南は紀伊国に接し、西は大阪湾に面す。古くは茅渟(ちぬ)とよばれ、河内国造(くにのみやつこ)の管下にあったが、大化改新後も河内国に属して、大鳥、和泉、日根(ひね)の3郡が置かれた。和泉郡が泉郡と南郡に分かれ、和泉四郡と称せられたのは中世以降である。716年(霊亀2)珍努宮(ちぬのみや)造営の経費にあてるため、前記の3郡を河内国から分割して和泉監(いずみのげん)とし、740年(天平12)ふたたび河内国に復したが、757年(天平宝字1)に至り、和泉監の旧管内を独立させて和泉国を設置した。『和名抄(わみょうしょう)』には、大鳥郡、和泉郡に各10郷、日根郡に4郷の名がみえ、田は4569町とある。『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』に名を連ねる氏族は約130。平安時代から鎌倉時代にかけて、八条院領、後高倉院(ごたかくらいん)領、最勝光院(さいしょうこういん)領、九条家領、春日社(かすがしゃ)領、松尾寺(まつのおでら)領、高野山(こうやさん)領、施福寺(せふくじ)領、臨川寺(りんせんじ)領などの荘園(しょうえん)が多数分立、また熊野参詣(さんけい)の流行に伴い、街道沿いの18の王子社を中心に交通が発達し、小津(おづ)、神前(こうざき)、日根の良港もできた。南北朝時代には戦乱の舞台となり、南朝は楠木(くすのき)氏、北朝は細川氏を和泉守護に任じ、和田氏、橋本氏、松尾寺、久米田寺(くめだでら)は南軍に、田代氏、日根野氏は北軍に属して抗争した。この間、堺(さかい)は北朝の守護山名氏清(やまなうじきよ)の本拠となったが、1392年(元中9・明徳3)大内義弘(よしひろ)は氏清を滅ぼして占拠し、対明(みん)貿易を始めて利を収めた。義弘は応永の乱を起こして討伐された(1399)が、堺は遣明船の発着地、南蛮貿易の中継地となり、町衆文化が栄え、会合衆(えごうしゅう)が町政を握る自治都市として、海外にも知られた。下って1570年(元亀1)石山合戦が起こると、和泉の門徒らは本願寺を支援して織田信長と戦い、1585年(天正13)豊臣(とよとみ)秀吉の根来(ねごろ)征討の際も、国中はふたたび戦場になった。江戸時代には幕府直轄地のほか岸和田藩(小出、松平、岡部氏)、伯太(はかた)藩(渡辺氏)が置かれた。明治維新に至り1868年(明治1)堺県、1871年廃藩置県により吉見県、岸和田県、伯太県が設けられ、同年合併して堺県。1881年大阪府に合併した。現在は、堺、岸和田、泉大津、貝塚、泉佐野、和泉、高石、泉南の各市、泉北、泉南の両郡に分かれる。
 平安中期ごろまでは須恵器(すえき)の大生産地であり、また近木櫛(こぎぐし)や和泉酢(す)は全国的な名産として知られ、江戸時代まで引き継がれた。中世には堺の鉄砲が名高く、近世には商業的農業が発達し、和泉木綿など家内手工業が展開した。中世には早くも出版文化(堺版)がおこり、茶の湯が流行、近世には大坂の影響から、各分野にわたり多数の人材が輩出して、地方文化が興隆した。[藤本 篤]
『『堺市史』正続(1929~1931、1971~1976・堺市) ▽『和泉市史』全2巻(1965、1968・和泉市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

和泉国の関連キーワード蘆屋道満大内鑑・芦屋道満大内鑑傾城阿波の鳴門政基公旅引付佐々木 政乂松花堂昭乗大阪[府]松浪 米蔵大坂町奉行岩橋善兵衛鈴木貫太郎古市播磨守瑞渓周鳳網曳御厨三浦義連村上浪六土佐光起上村基宗大鳥大社小出秀政桑山宗栄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和泉国の関連情報