コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田助家 にぎた すけいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田助家 にぎた-すけいえ

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
和田清遠の子。和泉(いずみ)(大阪府)金剛寺領和田荘(にぎたのしょう)惣下司職(そうげししき)をつぎ,春日社案主(あんじゅ)職もかねる。後醍醐(ごだいご)天皇側の討幕勢力にはやくからくわわり,建武(けんむ)2年(1335)和泉大歌所十生長官職をうけた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

和田助家の関連キーワード南北朝時代千早城

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android