醍醐(読み)だいご

精選版 日本国語大辞典「醍醐」の解説

だい‐ご【醍醐】

[1] 〘名〙
語。牛乳を精製して作った純粋最上の味のもの。非常に濃厚な甘味で薬用などに用いる。また、如来の最上の教法にたとえる。
※三教指帰(797頃)下「無福之、不論貴賤、不知辛臭、常沈蓼溷、已忘醍醐」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「醍醐の妙味を甞めて言詮の外に冷暖を自知するが如し」 〔北本涅槃経‐一四〕
※声決書(1396)(古事類苑・宗教部四)「此時正諸流声明、即相応院、醍醐、進流是也」
[2]
[一] 京都市伏見区の東部にある地名醍醐山の西側の麓一帯をいう。醍醐寺、醍醐・朱雀天皇陵があり、奈良街道が通じる。
※平家(13C前)一二「醍醐の山にこもりたるよしきこえしかば、おしよせてさがせどもなし」
[二] 滋賀県浅井(あざい)町の地名。縄文中期の遺跡がある。
※今昔(1120頃か)一四「醍醐に僧有けり」
[補注]乳を精製するにあたって発酵の段階により五つ(乳、、生酥(しょうそ)、熟酥、醍醐)に分け、それら五つの味を「五味」という。後のものほど美味で、「醍醐」がその最高の味とされる。そこから「醍醐味」という語も生まれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「醍醐」の解説

醍醐
だいご

京都市伏見(ふしみ)区東部の一地区。旧醍醐村。山科(やましな)盆地南東部にあたり、醍醐山(454メートル)付近の上(かみ)醍醐と西麓(せいろく)の下醍醐に分かれる。真言宗醍醐派総本山の醍醐寺(世界文化遺産に登録)があり、寺域は上醍醐から下醍醐に及ぶ。応仁文明(おうにんぶんめい)の乱(1467~1477)には一山ほとんど灰燼(かいじん)に帰し、豊臣(とよとみ)秀吉によって再建された。五重塔は創建当時唯一の遺構で、京都市内最古の木造建物である。境内にはサクラが多く、秀吉は再興を祝して花見の宴を催したが、今日も4月には豊太閤花見行列(ほうたいこうはなみぎょうれつ)が行われる。市営地下鉄東西線醍醐駅がある。

[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「醍醐」の解説

醍醐
だいご

京都市伏見区の一地区。旧村名。 1931年京都市に編入山科盆地南方に位置し,古くは大和から近江にいたる交通の要地。大規模な住宅団地があり,京都市の新しい住宅地区となっている。醍醐山に真言宗醍醐派の総本山醍醐寺があり,五重塔をはじめ,金堂,薬師堂などの国宝建造物のほか著名な書画彫刻所蔵,それらの多くは国宝に指定されている。山麓門前町には秀吉が造らせた三宝院庭園 (特別史跡名勝) がある。

醍醐
だいご
maṇḍa

仏教用語。五味の一つ。牛乳を精製してつくったもので,最も美味とされ,病をなおす妙薬とされる。その意味から仏性涅槃にたとえられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「醍醐」の解説

醍醐【だいご】

京都市伏見区東部の一地区。山科盆地南部から醍醐山西麓一帯を占める。醍醐寺法界寺の所在地として知られ,桜の名所。近年は住宅地化が著しい。
→関連項目京都[市]

醍醐【だいご】

仏説の五味(乳味・酸味・生酥(しょうそ)味・熟酥味・醍醐味)の一つ。牛またはの乳を精製した濃厚液で,五味中最良の味とされる。
→関連項目チーズ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「醍醐」の解説

だい‐ご【××醐】

五味の第五。牛や羊の乳から精製した、最上の味のもの。仏の悟りや教えにもたとえる。

だいご【醍醐】[地名]

京都市伏見区の地名。醍醐寺がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android