コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和笛 わてき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和笛 わてき

?-? 江戸時代中期-後期の川柳作者。
江戸神田明神下にすみ,桜木連などに投句。寛政2年(1790)の初代柄井川柳の死後,川柳句集「誹風柳多留(はいふうやなぎだる)」24編の後半に評をよせ,25編から29編の点者をつとめた。別号に桃井庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和笛
やまとぶえ

神楽笛」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

和笛の関連キーワード催馬楽柳多留神楽礫川狛笛

和笛の関連情報