コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神楽笛 かぐらぶえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神楽笛
かぐらぶえ

日本の気鳴楽器。御神楽用の竹製横笛。別名和 (やまとぶえ) ,太笛 (ふとぶえ) 。全長約 45cm,日本の横笛中最長。6孔。孔名は低い方から干 (かん) ,五,上,夕 (しゃく) ,中,六。その音域は,ロから,2オクターブ上のハまであるが,筒音のロは用いない。日本古来の笛といわれるが,形体,孔名,音律などからみて,竜笛高麗笛を模したものと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かぐら‐ぶえ【神楽笛】

宮廷の御神楽(みかぐら)に用いる横笛。歌口のほか六つの指孔があり、七つの指孔の雅楽の横笛(竜笛(りゅうてき))より音律がやや低い。大和笛。太笛。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

神楽笛【かぐらぶえ】

大和笛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かぐらぶえ【神楽笛】

日本古来の横笛。六孔で宮中の神楽に用いる。太笛ふとぶえ。大和笛やまとぶえ。神笛。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神楽笛
かぐらぶえ

宮中・諸神社で神楽の伴奏に用いる横笛。「大和(やまと)笛」「和(やまと)笛」「太(ふと)笛」ともいう。全長約45.5センチメートル、外径約1.8センチメートルで、雅楽の3種の笛のうち最長。指孔は6孔、管尾から干(かん)・五(ご)(じょう)・夕(しゃく)・中(ちゅう)・六(ろく)とよぶ。他の2笛、竜管より長2度、高麗(こま)笛より長3度低い。『続教訓抄』(1444~49)に「太笛モ本(もと)ハ横笛ノ壱越(いちこつ)調ニ会(あう)ホドノ笛ニゾ待(はべ)リケル」とあることから、平安中期の『延喜格(えんぎきゃく)』(907選)に「楢笛(ならぶえ)」と称された高麗笛が大形化されたものと考えられ、両者とも構造・奏法が類似する。音色は静寂で、音高は神楽歌の旋律にすなおに沿い、古く『枕草子(まくらのそうし)』66段にも、「神楽の笛の面白(おもしろ)うわななき、細う吹きすましたる」とある。[橋本曜子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の神楽笛の言及

【笛】より

…いずれも指孔は7孔で,節の所に小枝(さえだ)(小枝の根元の形)を残してある。現行の横笛は雅楽の竜笛(唐楽用),高麗笛(こまぶえ)(高麗楽用),神楽笛(神楽用),能・狂言などの能管,歌舞伎囃子や民俗芸能の篠笛(しのぶえ)が主である。雅楽ではこのほか東遊笛(あずまあそびぶえ)(東遊用,中管(ちゆうかん)とも)があったが,平安時代か鎌倉時代に廃絶した。…

※「神楽笛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神楽笛の関連キーワード横笛(よこぶえ)大和笛・和笛大神基政里神楽神楽歌本方神笛

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神楽笛の関連情報