コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点者 テンジャ

4件 の用語解説(点者の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てん‐じゃ【点者】

連歌俳諧川柳などで、作品の優劣を判じ、評点を加える人。判者。
宮中歌会始めに、選の決裁に当たる人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てんじゃ【点者】

連歌俳諧作品の職業的加点者。一流の宗匠は,作品の可否を判断し,点料を取って批点する資格をもつ。その職能の側から点者,また評者,撰者と呼ばれた。職業的宗匠として世間から承認されているの意である。たとえば《俳諧家譜》に〈京師点者,享保年中諸点者を官庁に召し,乃ち命じて其の数を定む。登時丗一人有り〉とあるように,奉行への届出制がとられ,その土地での点者を規制しており,場所によって承認方法は異なっていた。初めのころは,すでに宗匠である人の後見の下に,万句合興行を行って立机(りつき)式をして披露するのが例であったが,のちには,流派が独立性を強め,流派内部で自由に行うようになって,地域的統一性はしだいに影を薄めたと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てんじゃ【点者】

連歌・俳諧・雑俳などで、評点を施し、作品の優劣を判定する人。判者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

点者
てんじゃ

連歌、俳諧(はいかい)、雑俳などで、作品の優劣を評価し点をつける者。宗匠(そうしょう)。点には、句頭から斜線一筋を引く平点(ひらてん)(一点)と、二重を引く長点(ちょうてん)(二点)の2種があったが、元禄(げんろく)(1688~1704)以後しだいに点印などを用いて多様化し、其角(きかく)の「半面美人(はんめんびじん)」の点印など五十点と最高のものであった。点者になるには一定の修行が必要で、芭蕉(ばしょう)時代では宗匠立机(りっき)の万句興行を行って初めて点者になれた。のちにはその方式も緩み、元禄以後は職業化し、作品に点をつけて得る点料や、前句付(まえくづけ)の選句料などの収入で生活する者が多くなった。また金品を賭(か)けて争う点取俳諧の流行に伴い、点者の堕落が著しく、芭蕉(ばしょう)は「点者をすべきよりは乞食をせよ」と門人に戒めている。[雲英末雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の点者の言及

【俳諧師】より

…《江戸鹿子》(1687)などの地誌類に諸師諸芸または諸職の一つとして登録されている。《人倫訓蒙図彙》(1690)は能芸部にあげて,俳諧の法式が貞徳,立圃(りゆうほ)に始まることを述べ,〈その流れを汲みて棟梁する者を点者と号す〉というが,《誹諧京羽二重》(1691)では点者,俳諧師,作者を区別している。広義には点者をふくみ,狭義には点者を除く職業俳人をいうか。…

※「点者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

点者の関連キーワード貞門朱料職業意識宗匠頭巾俳諧師俳諧式目俳諧の連歌俳諧連歌祇丞(初代)立机

点者の関連情報