品川硝子製作所(読み)しながわがらすせいさくしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

品川硝子製作所
しながわがらすせいさくしょ

東京府の品川宿東海寺裏にあった日本最初の官営ガラス工場。 1873年に三条実美,村井三四郎,丹羽正庸が設立したガラス工場の興業社を,76年に工部省が買上げて「品川硝子製作所」と改称。翌年官制改正により「品川工作分局」と改め,舷灯用紅色ガラス,小板ガラス,日用雑器などを製造。 83年,再び旧名に戻して製造を続けたが,大きな欠損を出し翌年に民間 (西村勝三ら) に払下げられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android