唯識述記(読み)ゆいしきじゅっき(英語表記)Wei-shi shu-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唯識述記
ゆいしきじゅっき
Wei-shi shu-ji

中国,唐の慈恩大師窺基撰。『成唯識論述記』の通称。 20巻。顕慶4 (659) ~永淳1 (682) 年に成立。玄奘が翻訳した『成唯識論』を注釈したもの。中国,日本で唯識教学の根本聖典として,本論以上に重んじられ,研究がなされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android