唯識述記(読み)ゆいしきじゅっき(英語表記)Wei-shi shu-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唯識述記
ゆいしきじゅっき
Wei-shi shu-ji

中国,唐の慈恩大師窺基撰。『成唯識論述記』の通称。 20巻。顕慶4 (659) ~永淳1 (682) 年に成立。玄奘が翻訳した『成唯識論』を注釈したもの。中国,日本で唯識教学の根本聖典として,本論以上に重んじられ,研究がなされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android