コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成唯識論 じょうゆいしきろんVijñaptimātratāsiddhi-śāstra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成唯識論
じょうゆいしきろん
Vijñaptimātratāsiddhi-śāstra

護法の著作。世親の『唯識三十頌』に対する注釈書。もとは護法をはじめ多くの学匠たちの説を記した大きな書であったが,玄奘がこれを中国訳するときに,護法の説を中心に編集したもの。いわゆる有相唯識派の説を述べており,玄奘によって中国や日本に伝えられ,法相宗礎となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうゆいしきろん【成唯識論】

世親の「唯識三十頌」に対する、インドの仏僧護法ら十大論師の注釈。一〇〇巻。659年唐の玄奘げんじようの漢訳の際、一〇巻にまとめられた。万有は識によって顕現したことを説く。法相宗の根本聖典。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成唯識論
じょうゆいしきろん

インド大乗仏教の学者、護法(ごほう)らの著書。唐代659年(顕慶4)に玄奘(げんじょう)によって漢訳された。10巻。世親(せしん)の『唯識三十頌(じゅ)』に対する注釈。『唯識三十頌』には十大論師の注釈が存在したが、玄奘はその高弟の基(窺基(きき))の意見に基づき、そのいちいちを翻訳するかわりに、護法の学説を正義として、それを中心に他の論師の注釈をあわせて一本として訳出したものが本書であると伝えられる。しかしその内容をみると、護法の学説をもって一貫し、他は、何人かの論師の所説が批判さるべきものとして断片的に引用されているにすぎない。本書は、法相(ほっそう)宗の根本典籍として中国、日本の仏教界において重要視され、広く読まれた。本書の注釈としては、基の著した『成唯識論述記』が基本的なものであり、そのほか、慧沼(えしょう)の『成唯識論了義燈(りょうぎとう)』、智周(ちしゅう)の『成唯識論演秘(えんぴ)』など、甚だ多くの注釈書、解説書が存する。[勝呂信静]
『深浦正文著『唯識学研究』上下(1954・永田文昌堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

成唯識論の関連キーワードプサン(Louis de La Vallée Poussin)ルイ・ドゥ・ラ・バレ プサン基(中国、唐の僧)大乗法苑義林章加藤 精神プッサン佐伯定胤阿頼耶識唯識述記解深密経摂論宗春日版唯識論行基万有法相智周安慧覚州行賀

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android