コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄奘 げんじょうXuan-zang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玄奘
げんじょう
Xuan-zang

[生]仁寿2 (602)頃
[没]麟徳1 (664)
中国,唐の僧,訳経家。法相宗の開祖。三蔵法師として知られる。姓は陳。名は褘(い)。陳留(河南省)の人。原典によって経典を研究しようと,貞観3(629)年インドに向かい,戒賢論師に唯識説を学び,サンスクリット仏典を研究したのち諸方を歴訪して同 19年仏舎利,仏像,多くの教典を持って長安に帰着。勅令により弘福寺,慈恩寺,玉華宮において諸経論約 75部 1335巻を訳出。また『西遊記』の題材になったといわれるインド紀行『大唐西域記』により西域の事情を紹介した。経典翻訳は,新しい訳語を用い,旧文体を一新し,サンスクリット原文に忠実であったので,新訳と称され,中国や日本の仏教教理の基本となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

玄奘

600(602年説も)〜664年。中国から中央アジアを経由してインドへ赴き、ナーランダー僧院に学ぶ。帰国後、仏典を翻訳し、法相宗を伝える。「大唐西域記」は弟子がまとめた玄奘の旅行記。西域やインドの地理、風俗、政治、経済など幅広い内容で、「西遊記」の基になったとされる。

(2007-01-10 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんじょう〔ゲンジヤウ〕【玄奘】

[602~664]中国、唐代の僧。法相宗開祖。陳留(河南省)の人。仏教の真義を究めるため、627年(または629年)長安を出発、西域を経てインドに入り、那爛陀(ならんだ)寺の戒賢らに学び、インド各地の仏跡を訪ね、645年帰国。以後、原典から「大般若経」「瑜珈師地論」「倶舎論」などを翻訳、訳業は千巻に及ぶ。原典に忠実なその訳はそれまでの旧訳(くやく)に対して新訳といわれる。旅行記「大唐西域記」は当時の諸地方を知る上で重要な資料。玄奘三蔵。三蔵法師
[補説]後年、明代の長編小説「西遊記」の登場人物のモデルとなった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

玄奘【げんじょう】

中国,唐代の僧。三蔵法師として知られる。629年長安を出発,西域を経由してインド,マガダ国のナーランダー寺へ至りシーラバドラ(戒賢)に学ぶ。広くインド国内の学者を訪ね,多数の経典を得て,645年帰国。
→関連項目阿弥陀経カナウジ倶舎宗倶舎論西遊記三蔵(仏教)慈恩寺ジャランダル大雁塔大般若波羅蜜多経天山山脈道宣般若心経法蔵ムルターンヤルカンド

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんじょう【玄奘 Xuán zàng】

602‐664
中国,唐代初期の僧。西域,インドへの求法僧で,一般には三蔵法師として知られる。俗姓は陳氏。洛陽に近い陳留郡(河南省)緱氏県に生まれた。13歳のときに出家し,兄の長捷法師のいた洛陽の浄土寺に住んで経論を学んだ。まもなく隋・唐王朝交代期の混乱期にあい,618年,兄とともに長安に入ったが,兵乱のために学僧の多くが蜀(四川省)に逃れて仏法の講席ひとつさえなかったので,ついに蜀におもむき空慧寺に入った。622年(武徳5)に具足戒をうけ,まもなく成都から長江(揚子江)を下って荆州に出,相州,趙州をへて落着きを取り戻した国都の長安に舞い戻り,大覚寺に住んで道岳,法常,僧弁といった学僧から俱舎論や摂大乗論の教義を授けられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんじょう【玄奘】

602~664) 中国、唐代初期の僧。経典漢訳者の代表的人物で、後世、法相・俱舎両宗の開祖とされる。629年長安を出発し、西域を経てインドに入り、戒賢について唯識の思想などを学ぶ。645年に仏舎利・仏像および経論を携えて帰国し、太宗の庇護のもとに「大般若経」「瑜珈師地論」などの仏典を漢訳。インド旅行記である「大唐西域記」は地誌的資料としても重要。のちにその旅を素材にして「西遊記」が作られた。玄奘三蔵。三蔵法師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄奘
げんじょう
(602―664)

中国、唐代の仏教学者。大旅行家、大翻訳家として著名。法相(ほっそう)宗開創の祖。本名は(い)。俗姓は陳(ちん)氏。三蔵(さんぞう)法師の名で知られる。洛州(らくしゅう)(こうし)県(河南省陳留)の人。602年(仁寿2。ただし、このほかに600年説など諸説がある)、父慧(恵)(けい)の四男(末子)として誕生。幼にして敏、つねに古典に親しむ。11歳前後で父を失ったのち、すでに出家していた兄長捷(ちょうしょう)につき、洛陽(らくよう)の浄土寺に住する。614年(大業10)度僧の勅に応じ、人選の大理卿(たいりけい)鄭善果(ていぜんか)にその才を認められて出家。以後も浄土寺にとどまり、景(けい)法師や厳(ごん)法師より『涅槃経(ねはんぎょう)』や『摂大乗論(しょうだいじょうろん)』を学ぶ。618年(武徳1)兄に勧められ、洛陽から長安に移り、荘厳(しょうごん)寺に住したが、政変直後の長安仏教界に失望し、翌619年、兄とともに蜀(しょく)に向かい成都に至る。622年具足戒(ぐそくかい)を受けてのち、各地に高僧を訪ね、翌623年ふたたび長安に戻り、大覚寺に住して道岳(どうがく)法師より『倶舎論(くしゃろん)』を学ぶ。624年、法常(ほうじょう)(567―645)と僧弁(そうべん)(568―642)の『摂大乗論』の講筵(こうえん)に列し、両師から大いにその将来を嘱望されたが、このころより国内における仏教研究の限界に目覚め、諸種の疑点解明のためインド留学を決意し、その準備に専念する。国外出立の公式許可を得ることはできなかったが、627年(貞観1。一説に629年)秋8月、意を決してひそかに長安を出発。天山南麓(なんろく)を経由し、ヒンドゥー・クシ山脈を越えて、インド北辺から中インドに入り、630年ついにマガダ国のナーランダー僧院に至り、シーラバドラ(戒賢(かいけん))法師と対面(一説に634年)した。以後、法師について『瑜伽師地論(ゆがしじろん)』を中心に学ぶこと5年に及ぶ。635年いったん師のもとを去り、東インドから南インド、さらに西インドを経由してインド半島一巡の旅を終える。638年ナーランダー僧院に戻り、師と再会。その後は近辺の諸師について学んだが、とくにジャヤセーナ(勝軍(しょうぐん))居士(こじ)について2年ほど唯識(ゆいしき)の論典を中心に学んだことが注目される。640年、東インドのクマーラ王の招聘(しょうへい)を受け、彼の王宮に1か月ほど滞在、さらに中インドのシーラーディーティヤ(ハルシャバルダナ、戒日王(かいじつおう))に招かれる。翌641年プラヤーガでの75日の無遮大会(むしゃだいえ)に参列したのち、秋には帰国の途につき、645年(一説に643年)長安に帰った。
 仏像、仏舎利(ぶっしゃり)などのほか、彼が請来(しょうらい)したサンスクリット原典は、総計520夾(きょう)、657部と伝えられている。同年2月1日、高句麗(こうくり)遠征準備のため洛陽にあった太宗皇帝(李世民)に拝謁、3月に長安に戻り、弘福(ぐふく)寺に住して仏典の翻訳準備にかかる。同年5月2日『大菩薩蔵経(だいぼさつぞうきょう)』の翻訳に着手、以後、訳場を弘福寺、弘法(ぐほう)院、慈恩(じおん)寺、玉華(ぎょくか)寺に移しながらも、整備された訳経組織のもとに死の直前までつねに翻訳に従事した。訳出仏典総数は、『瑜伽師地論』『成唯識論(じょうゆいしきろん)』など瑜伽唯識の論典を中心に計75部1335巻に及び、この分量は中国歴代翻訳総数の4分の1弱に相当する。また質的な面でも、訳語の統一を図り、原文に忠実たらんとした跡がみられ、中国訳経史上に一時代を画したため、彼以降の訳を新訳(以前の訳を旧訳(くやく))とよぶ。なお、帰国直後、帝の求めに応じてまとめられたインド・西域に関する見聞録『大唐西域記(だいとうさいいきき)』は、7世紀前半の当該地方の地理、風俗、文化、宗教などを知るうえの貴重な史料として名高い。664年(麟徳1)2月5日、63歳(一説に65歳。ほか異説あり)で示寂。門下には、『成唯識論』を基本として事実上の法相宗初祖となった基(き)(窺基(きき))のほか幾多の俊才が輩出した。[袴谷憲昭]
『慧立本・彦箋・高田修訳注『大唐大慈恩寺三蔵法師伝』(『国訳一切経 史伝部11』所収・1940・大東出版社) ▽前嶋信次著『玄奘三蔵――史実西遊記』(岩波新書) ▽桑山正進・袴谷憲昭著『人物中国の仏教 玄奘』(1981・大蔵出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の玄奘の言及

【観音】より

…仏教ではイーシュバラにその属性を示す修飾語〈見守るものavalokikā〉をつけてアバローキテーシュバラAvalokiteśvaraとしたものと思われる。正規の梵語を知る玄奘(7世紀)はこれを〈観自在〉と訳した。初期の漢訳者は〈観世音〉とか〈光世音〉とか訳したが,彼らはこの名の中に〈音svara〉や〈光ruc〉の語が含まれていると信じたらしい。…

【解深密経】より

…サンスクリット本は散逸し,チベット訳,漢訳が現存する。漢訳は,菩提流支訳《深密解脱経》と玄奘訳《解深密経》各5巻の2種あるが,後者が多く用いられる。成立は300年ころと考えられ,中期大乗経典に属する。…

【興教寺】より

…中国,陝西省西安市の南郊70kmにある仏寺。樊(はん)川の近くで,終南山を眺望する高台に位置し,玄奘(げんじよう)三蔵の墓塔を中央に,その弟子の慈恩大師窺基の慈恩塔,円測法師の円測塔の3塼塔(せんとう)が向かいあって立つことで知られる。玄奘は没後,滻水(さんすい)の東に葬られたが,5年後の669年(総章2)に少陵原に改葬されたのが寺の始まりとされる。…

【三蔵法師】より

…とくに中国では,インド,西域から仏典をもたらし,漢訳に従事した人々を尊称して訳経三蔵あるいは三蔵法師と呼ぶことが多い。クマーラジーバ(鳩摩羅什)や真諦などもそう呼ばれたが,最も有名なのは玄奘(げんじよう)である。とくに《大唐三蔵取経詩話》をはじめ明代の長編白話小説である呉承恩の《西遊記》が世に出てからは,三蔵法師といえば,弟子の孫悟空・猪八戒・沙悟浄をひきつれて天竺への苦難の旅をつづけた求法僧,玄奘を指すことが多い。…

【慈恩寺】より

…648年(貞観22)に当時皇太子であった唐の高宗が母の文徳皇后の慈恩に報いるために建立したもので,子院10余,合わせて1897間という広大な規模を誇った。〈大慈恩寺〉という寺額を賜り,たまたまインドから帰国した玄奘を迎えて上座とし,翻経院で訳経に専念させた。玄奘を大慈恩寺三蔵法師とよぶのは,そのためであり,玄奘の高弟の窺基は,この寺で法相宗を広めたので,慈恩大師とよばれる。…

【大唐西域記】より

…中国,唐の求法僧玄奘(げんじよう)の西域インド旅行記。12巻。…

【唐】より

唐詩 唐代の宗教,思想界において全盛をきわめたのは,インド起源の仏教であった。唐初にインドへの求法の旅をして,膨大な仏典をもたらした玄奘(げんじよう)は,帰国後に《大唐西域記》を著すとともに,76部1335巻に及ぶ大翻訳事業を完成し,その忠実な逐語訳は〈新訳〉と称されている。南北朝時代にあっては,中国固有の儒教とは異質の珍しい教学として,知識教養の宝庫として迎えられる傾向の強かった仏教であったが,末法思想が興って以後の隋・唐時代になると,生活に密着し,宗教的な情熱に燃えた実践的な宗教として,特色ある中国仏教が形成されたのであった。…

【ナーランダー】より

…仏教研究の中心として5~12世紀に栄えた学問寺があった。7世紀前期には玄奘が,7世紀末期には義浄がここで学んだ。玄奘によると,グプタ朝のクマーラグプタ1世(在位415ころ‐454ころ)が創建し,グプタ後期の諸王やハルシャ・バルダナ王(在位606ころ‐647)も次々と僧院を造営し,数千人の僧徒がいたという。…

【般若心経】より

…サンスクリット原典(大品・小品の2種)のほか,チベット語訳と7種の漢訳が現存する。一般に唐の玄奘(げんじよう)の訳する276字の漢訳(小品に相当)が知られ,同じ玄奘の《大般若経》600巻の精髄とみられた。 内容は,表題のとおり,広大な般若経典の心髄をきわめて簡潔にまとめたもので,観自在菩薩(観音)が般若波羅蜜多(完全なる智慧)の行を修めて五蘊(ごうん)(存在の五つの構成要素)が空(無実体)であると悟ったことから説き起こし,仏弟子舎利子に対し,いっさいの存在が空であることを説き,最後に真言を説いている。…

【仏教】より

…おもな部派としては,上座部の系統で北インドに勢力のあった説一切有部(略称有部),化地部(けじぶ),法蔵部など,西インドに勢力をもった犢子部(とくしぶ)などがあり,有部からさらに経量部(きようりようぶ)が分出した。犢子部からも正量部(しようりようぶ)その他が分出したが,正量部は後世(玄奘(げんじよう)の滞在した7世紀ころ)中インドに進出して大きな勢力をもっていた。他に雪山部(せつせんぶ)があり,根本上座部を自称している。…

【法相宗】より

…中国仏教十三宗の一つ。中インドのナーランダ寺で戒賢に師事した玄奘(げんじよう)が,唐初に帰国して伝えた護法(ダルマパーラ)の《成唯識論(じようゆいしきろん)》の学説に基づき,《解深密経》《瑜伽論》などを所依の経論として,慈恩大師窺基(きき)が開宗した宗派。唯識宗,慈恩宗などともよぶ。…

【羅漢図】より

…釈迦が涅槃のとき,正法を付嘱され,この世にとどまって正法を護持することを命じられたという羅漢の像は,中国,日本などで絵画や彫刻にあらわされた。その絵画化は中国の六朝時代に始まっているが,唐時代に玄奘(げんじよう)によって《法住記》が訳出され,十六羅漢の名称,所在地などが明確となり,信仰が始まった。その後,仏教の教主釈迦への信仰が,法身から実在の釈迦へと移り変わるにつれて,羅漢信仰は盛んとなり,中国では宋以後,日本では平安時代以降,十六,十八,五百羅漢などのおびただしい作品が描かれ,現存遺品も数多い。…

※「玄奘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玄奘の関連キーワード慈恩寺(中国)倶舎宗・俱舎宗弁中辺論述記唯識二十論大毘婆沙論唯識三十頌瑜伽師地論ジュリアン称讃浄土経玄奘西域記大慈恩寺解深密経長編小説日月潭聖教序掌珍論仏舎利猪八戒薬師経孫悟空

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玄奘の関連情報