商人と屏風は曲がらねば世に立たず(読み)あきんどとびょうぶはまがらねばよにたたず

精選版 日本国語大辞典の解説

あきんど【商人】 と 屏風(びょうぶ)は=曲(ま)がらねば世(よ)に立(た)たず[=直(すぐ)に立(た)たぬ]

屏風は折り曲げないと倒れてしまうように、商人も自分の感情を抑えて客の意を迎えなければ成功しないということ。
※俳諧・鷹筑波(1638)三「すぐてはたたぬ世の中そかし 商(アキ)人の屏風(ひゃうふ)にしのをしつらいて〈定之〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android