商山四皓(読み)ショウザンシコウ

大辞林 第三版の解説

しょうざんしこう【商山四皓】

中国秦末、国乱を避けて陝西省商山に入った、東園公・綺里季・夏黄公・甪里ろくりの四人の隠士。全員鬚ひげや眉が真っ白の老人であった。東洋画の画題として描かれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商山四皓の関連情報