コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠士 インシ

デジタル大辞泉の解説

いん‐し【隠士】

《「いんじ」とも》俗世を離れて静かな生活をしている人。隠者

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いんし【隠士】

俗世間との交わりを断ち、隠れ住む人。隠逸の士。隠者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の隠士の言及

【山林儒生】より

…朝鮮で李朝時代に,権力者との政治的・思想的立場の相違から仕官せず,野人(在野の人)として高潔を誇り,しばしば山中に住んで学問に専念した人びと。山林処士,隠士ともいう。広い意味では士林派をさす。…

※「隠士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

隠士の関連キーワード潁水に耳を洗う老莱子・老萊子田部井 鹿蔵エゴティスム商山四皓図世事見聞録久須美疎安竹林の七賢地方落穂集田部井鹿蔵近世畸人伝渡辺重石丸石塚豊芥子河辺一也片岡宗森巌垣龍渓石川丈山菅原白龍植村正道梅辻春樵

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隠士の関連情報