隠士(読み)インシ

大辞林 第三版の解説

いんし【隠士】

俗世間との交わりを断ち、隠れ住む人。隠逸の士。隠者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いん‐し【隠士】

〘名〙 (「いんじ」とも) 俗世間との交渉を断って、ひとり暮らす人。また、そういう生活態度の人。隠者。
※菅家文草(900頃)二・片雲「樵夫披得道。隠士遂知家」
※東関紀行(1242頃)興律より車返「昔、香炉峰の麓に庵をしむる隠士あり」
※書言字考節用集(1717)四「隠士 ヰンジ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の隠士の言及

【山林儒生】より

…朝鮮で李朝時代に,権力者との政治的・思想的立場の相違から仕官せず,野人(在野の人)として高潔を誇り,しばしば山中に住んで学問に専念した人びと。山林処士,隠士ともいう。広い意味では士林派をさす。…

※「隠士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android