善の裏は悪(読み)ゼンノウラハアク

大辞林 第三版の解説

ぜんのうらはあく【善の裏は悪】

よいことがあれば、それに伴って必ず悪いこともあるということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん【善】 の 裏(うら)は悪(あく)

① よいことがあれば悪いこともそれについてまわることにいう。
浮世草子・和国小姓気質(1746)五「実(げ)にも善の裏(ウラ)は悪(アク)、味(うま)い事の重りて、彼も知り是も聞き、誰いふとなく若殿の御耳に立ち」
の反対は悪。善も一転すれば悪となること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android