一転(読み)いってん

精選版 日本国語大辞典「一転」の解説

いっ‐てん【一転】

〘名〙
① 一回りすること。ひともどりすること。また、ひっくり返ること。一回転。
暦象新書(1798‐1802)上「諸曜一転。太陽二十七日、右転」 〔梁武帝‐白紵辞〕
② がらりと変わること。また、変えること。
※中華若木詩抄(1520頃)上「一転して妙也」 〔易林‐蠱〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一転」の解説

いっ‐てん【一転】

[名](スル)
ひと回りすること。また、ひっくり返ること。1回転。「氷上で滑って一転した」
ありさまががらりと変わること。また、がらりと変えること。「楽しい旅行のはずが、一転悲しみの旅路となった」「相場が一転する」「心機一転
[類語]一変急転急変激変豹変心機一転変わる変ずる化する改まる移る移ろう動く変える化ける変化する転化する変質する様変わりする変転する変動する変移する移行する推移する変遷する転変する流転する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android