一転(読み)イッテン

デジタル大辞泉 「一転」の意味・読み・例文・類語

いっ‐てん【一転】

[名](スル)
ひと回りすること。また、ひっくり返ること。1回転。「氷上で滑って一転した」
ありさまががらりと変わること。また、がらりと変えること。「楽しい旅行のはずが、一転悲しみの旅路となった」「相場一転する」「心機一転
[類語]一変急転急変激変豹変心機一転変わる変ずる化する改まる移る移ろう動く変える化ける変化する転化する変質する様変わりする変転する変動する変移する移行する推移する変遷する転変する流転する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「一転」の意味・読み・例文・類語

いっ‐てん【一転】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 一回りすること。ひともどりすること。また、ひっくり返ること。一回転。
    1. [初出の実例]「諸曜一転。太陽二十七日、右転」(出典:暦象新書(1798‐1802)上)
    2. [その他の文献]〔梁武帝‐白紵辞〕
  3. がらりと変わること。また、変えること。
    1. [初出の実例]「一転して妙也」(出典:中華若木詩抄(1520頃)上)
    2. [その他の文献]〔易林‐蠱〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「一転」の読み・字形・画数・意味

【一転】いつてん

一変。

字通「一」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android