コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善智 ぜんち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善智 ぜんち

?-? 平安時代前期の僧。
僧綱(そうごう)の実務を担当する威儀師(いぎし)。斉衡(さいこう)3年(856)の正倉院「雑財物実録」にみえ,天安元年(857)から貞観(じょうがん)9年(867)にかけて,東大寺宛の僧綱牒(ちょう)(公文書)に署名している。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

善智の関連キーワード育成選手制度シラベル毫摂寺善徳尼

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善智の関連情報