威儀師(読み)イギシ

世界大百科事典 第2版の解説

いぎし【威儀師】

仏教儀式における僧侶の役名。法会の進行役で,入退場や座次の案内,各役の所作の喚起や補佐など後見(こうけん)に相当する役割を果たす。714年(和銅7)の興福寺供養で衆僧の教導役に威儀師を置いたのをはじめとする。中古には公的に制度化されていた。必要に応じて従儀師を立てて役割分掌をすることもある。宗派によっては同様の進行役を会行事,会役者,故実者引頭(いんとう)などと称し,法会の格式によって役名を使い分けている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いぎし【威儀師】

〘仏〙 授戒や法会のとき、衆僧の先に立って進退作法を指示し、行事の進行をつかさどる僧。威儀法師。威儀僧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いぎ‐し ヰギ‥【威儀師】

〘名〙 授戒の式のとき、受戒者に立ち居振舞いの威儀を指示する、三師七証の一つの教授師のこと。転じて法会(ほうえ)のとき、衆僧の先に立って、衆僧の威儀、作法を指図する僧をいう。威儀僧。威儀法師。
延喜式(927)二一「凡威儀師六人、従儀師八人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の威儀師の言及

【僧綱】より

…僧綱の政務を行う場所である〈僧綱所〉は722年(養老6)薬師寺と定められたが,平安遷都の後は西寺(さいじ)へ移った。奈良時代の末ごろに,佐官に代わって威儀師,従儀師が置かれ,律師以上の僧綱員は6~7人であった。やがて大僧正の常任,あるいは各階に権官(ごんかん)が置かれ,しだいに栄誉的な地位となり,平安後期には,実際の職務は〈法務〉と称する僧正クラスの2人,〈惣在庁〉〈公文(くもん)〉と称する威儀師,従儀師らがおもに担当した。…

※「威儀師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android