僧綱(読み)そうごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧綱
そうごう

仏教の僧尼を統轄し,大寺院などを管理する役職。中国の僧官にならって,推古 32 (624) 年に僧正僧都,法頭が設けられたが,さらに弘仁 10 (819) 年に僧正,僧都,律師の3綱がおかれ,各階級が定められ,のちにはただの称号と化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうごう【僧綱】

仏教界の統制にあたる中央の僧官。624年(推古32)ある僧が斧で祖父をなぐった事件を契機に,百済の僧観勒(かんろく)を僧正(そうじよう),鞍部徳積(くらつくりのとくしやく)を僧都に任じたのが制度的な始まりである。律令制下では僧正,大僧都少僧都,律師および実務を担当する佐官からなる機構であった。僧尼令によると,僧綱は治部(じぶ)省玄蕃(げんば)寮の統属下にあって,その職務は僧尼名籍と寺院資財の管理,〈法務の綱維〉とよばれる僧尼の統轄や教学の振興をおもな内容とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうごう【僧綱】

〘仏〙 僧尼の統轄、諸大寺の管理・運営にあたる僧の役職。日本では624年に始まり、律令制下で僧正そうじよう・僧都そうず・律師の三綱が定められ、別に法務・威儀師・従儀師を置いて補佐させた。平安後期には形式化した。のちには各宗派の僧侶の身分として用いられるようになった。 → 僧位

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

僧綱
そうごう

僧尼の綱維を保ち、諸寺を監督するために設けられた僧官の総称。中国に始まり、職位には僧統、僧録などの称を用いた。日本では、京師の諸寺より推挙された智徳(ちとく)兼備の人物が任命され、綱所(こうじょ)にあって事務を行い、僧正(そうじょう)、僧都(そうず)、律師(りっし)の三階の称が用いられ、これをさらに大・少・正・権などに分けた。人数も『弘仁格(こうにんきゃく)』には僧正・大僧都各1人、少僧都2人、律師4人と定められたが、のちに漸次増員し、864年(貞観6)にはこれらに相当する僧位として、僧正に法印大和尚位(ほういんだいかしょうい)、僧都に法眼(ほうげん)和尚位、律師に法橋上人位(ほうきょうしょうにんい)が設けられたこともあって、人数の増加に拍車をかけ、1086年(応徳3)には27人と激増し、有名無実となった。現在では各宗で僧の位階を示すのに用いる。[石田瑞麿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐ごう ‥ガウ【僧綱】

〘名〙
① 令制で、僧尼を統率し、法務を処理するために任命された僧官。僧正・僧都・律師の三つ。
※令集解(701)喪葬「大宝元年〈略〉七月四日勅裁、僧綱賻物者、僧正准正五位、大少僧都律師並准従五位之」
② 僧官と僧位の総称。平安時代にはいって、制定をみた僧位九階のうち、修行位四階が有名無実となったため、別に僧綱の位階として定められた法印・法眼(ほうげん)・法橋の三位を僧正・僧都・律師の三官に加えたもの。
※小右記‐永延三年(989)三月五日「有僧綱召。〈略〉僧綱員数今度満廿人。同公卿員数歟」
※宇治拾遺(1221頃)一五「験徳あらたなりとて、僧都に任ずべきよし、宣下せらるれども、『かやうのかたゐは、何条僧綱になるべき』とて、返し奉る」
③ 「そうごうくび(僧綱領)②」の略。
※諸聞書条々「物を着に、六拾より内はゑりを折てきる。六十より外は、そうかうに着へき也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の僧綱の言及

【僧位】より

…しかし全位にわたっては施行されず,8世紀末になると賢大法師位はなくなり,伝灯,修学,修行の3系列にそれぞれ大法師位,法師位,満位,住位,入位の5級に整備された。平安時代には修学,修行の2系列も消え,しかも盛んに昇叙されるため,僧綱(そうごう)はほとんど伝灯大法師位となった。そこで864年(貞観6)僧綱の位階として法印大和尚位(ほういんだいかしようい),法眼和上位(ほうげんかしようい),法橋上人位(ほつきようしようにんい)の3階を設けた(法印,法眼,法橋)。…

【僧官】より

…日本では624年(推古32)百済の僧観勒(かんろく)の奏上によって僧正,僧都を任じたのが始まりである。その後,645年(大化1)十師(じつし)に改まったが,律令制の施行にともない683年(天武12)僧正,僧都,律師からなる僧綱(そうごう)が成立した。これは中央の僧官であるが,701年(大宝1)諸国に国師が任ぜられ,地方の仏教界の統制にあたった。…

※「僧綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android