コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉歌 ノドウタ

デジタル大辞泉の解説

のど‐うた【喉歌】

低い声と高い声を同時に出す歌唱法。のどから出す低音とともに、舌や口腔(こうこう)で作り出した倍音を共鳴させる。中央アジアに分布し、モンゴル国のホーミー、トゥバ共和国のフーメイなどに代表される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

喉歌の関連キーワード倍音唱法

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android