コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喝食姿 カッシキスガタ

デジタル大辞泉の解説

かっしき‐すがた【喝食姿】

元服前の少年の髪形の一。髻(もとどり)を結んで後ろへ垂らし、肩の辺りで切りそろえたもの。喝食

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かっしきすがた【喝食姿】

もとどりを頭頂で結んで後ろに垂らし、肩のあたりで切りそろえた髪形。また、髷まげを唐輪からわに結び、前髪を額に垂らしたもの。主に武家の童子が元服まで結った。かっしき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

喝食姿の関連キーワード頭頂武家童子元服唐輪

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android