コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営業損失 エイギョウソンシツ

デジタル大辞泉の解説

えいぎょう‐そんしつ〔エイゲフ‐〕【営業損失】

営業利益がマイナスになった状態、またその金額。企業の主たる営業活動で損失が発生したことを示す。損益計算書において、営業損益の部の合計額がマイナスの場合に使用する科目営業赤字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の営業損失の言及

【営業利益】より

…企業が本来の目的とする活動から生ずる営業収益とそのために要した営業費用(営業費(販売費+一般管理費)+売上原価)の差額をいう。差額がマイナスの場合は営業損失operating lossという。企業活動に伴いいろいろな収益や費用が発生するので,活動状況を的確に把握するためには,それらを性質に応じて区別して把握することが重要とされ,今日の企業会計では,損益計算は,営業損益計算,経常損益計算,純損益計算に分けて行われている。…

※「営業損失」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

営業損失の関連キーワードブリティッシュ・エアウェイズIHIの決算訂正補償(法律)営業外損益大塚家具経常利益札幌市電

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

営業損失の関連情報