科目(読み)かもく

精選版 日本国語大辞典「科目」の解説

か‐もく クヮ‥【科目】

〘名〙
① ある事柄を、いくつかの項目や種目に区分したもの。項目。
※太政官達第四二号‐明治一〇年(1877)五月一四日「但大科目金額流用等の儀は大蔵省へ可申出」
② 学問の種目。多くは、大学や高校などの教科を構成している単位をいう。
※日本教育策(1874‐75頃)〈森有礼編〉合衆国教育概略「其科目尋常中学の制に做ひ」
③ 古く、中国の官吏登用試験である科挙(かきょ)の種目。また、科挙のこと。
※日本詩史(1771)「童子有科目。耆老有礼徴」 〔宋史‐曾従龍伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「科目」の解説

か‐もく〔クワ‐〕【科目】

いくつかに分けたそれぞれの項目。「予算科目
学問の区分。特に、学校で教科を分野別に分類したもの。課目。「選択科目
古く、中国での官吏登用試験の類別。→科挙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の科目の言及

【教科】より

…小・中・高の諸学校での授業を通して子どもが学習すべき知識や技術などを,学問や文化の体系に沿って,人類の遺産の中から必要なものを選びとり,教育的に組織したものをいい,学科ともよばれる。また教科の中で,さらに区分して系統立てられた領域を科目とよぶ。教科の起源は西洋古代以来の自由七科(リベラル・アーツ。…

※「科目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android