嗅覚受容体(読み)きゅうかくじゅようたい(英語表記)odorant receptor

知恵蔵の解説

嗅覚受容体

においを感じるのは、におい分子が鼻の粘膜(嗅神経細胞)にあるにおいの受容体(嗅覚受容体)に結合し、それが嗅球を経て、脳に伝えられることによる。嗅覚受容体は、哺乳類で約1000種類もあることが、2004年のノーベル医学生理学賞受賞者のリチャード・アクセルとリンダ・バックにより発見された。さらに、1個の嗅神経細胞には、1種類の嗅覚受容体しかないこと、特定のにおい分子に対応する受容体は、嗅球の特定の場所に投射されていることも判明している。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嗅覚受容体の関連情報