コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噦り/吃逆 サクリ

デジタル大辞泉の解説

さくり【×噦り/吃逆】

しゃっくり」に同じ。〈和名抄

しゃくり【×噦り/吃逆】

《「さくり」の音変化》
しゃっくり」に同じ。
しゃくりあげること。

しゃっくり【×噦り/吃逆】

[名](スル)《「しゃくり」の音変化》横隔膜痙攣(けいれん)により、急に空気が吸い込まれ声門が開いて音を発する現象。ほぼ一定間隔で繰り返し起こるが、自然に治る場合が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

噦り/吃逆の関連キーワード泣い噦り噦り泣き

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android