和名類聚抄(読み)ワミョウルイジュショウ

  • わみょうるいじゅうしょう
  • わみょうるいじゅしょう〔ワミヤウルイジユセウ〕
  • 和名類聚抄/倭名類聚鈔

百科事典マイペディアの解説

平安時代の漢和辞書。〈わみょうるいじゅしょう〉とも読み,《和名抄》と略す。承平年間(931年―938年)源順(みなもとのしたごう)撰。10巻本と20巻本の2種がある。意義分類により,天地部より草木部に至る部類別に漢語を標出して,出典を示し,類音字や反切によって音注を施し,漢文で説明を加え,和名を万葉仮名で記した辞書。項目は事物の名称(名詞)が大部分で,一種の百科事典的性格をもつ。すでに平安時代からかなり世に行われていたらしく,《類聚名義抄》《色葉字類抄》《節用集》など後続の辞書類にも大きな影響を与えている。国語史学はもちろん,古代文化の研究にも重要な資料である。
→関連項目安食荘足羽大野荘(徳島)遠敷寒河御厨塵袋投壺百科事典二見御厨八代荘類書和字正濫鈔
和名類聚抄(わみょうるいじゅうしょう)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

〈わみょうるいじゅしょう〉とも読み,《和名抄》と略称する。また〈和〉は〈倭〉とも記す。醍醐天皇の皇女勤子内親王の命により,源順(みなもとのしたごう)が撰上した意義分類体の漢和辞書。承平年間(931‐938)の編集か。10巻本と20巻本とがあるが,どちらが原撰かについては論議がある。10巻本は24部128門,20巻本は32部249門に分かれる。漢語の出典,字音,和名などを説明した一種の百科事典である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の和名類聚抄の言及

【辞書】より

…漢字を字形によって偏旁に分類したものであるが,漢文の注のあとに,万葉仮名で和訓を書き添えてある点は現存する最古のものである。《和名類聚抄(わみようるいじゆうしよう)》(《和名抄》と略称される)は源順(みなもとのしたごう)の著で,承平年間(931‐938)に醍醐天皇の皇女勤子内親王に献じられた。おもに物の名を集め,意味によって分類し,出典,発音,意味,万葉仮名による和訓などを書き加えたもので,百科辞書的な要素が濃い。…

【東雅】より

…20巻。中国の《爾雅(じが)》にならったもので,《和名類聚抄》にみえる物名について語義の解釈をしたものである。〈天文〉〈地輿〉〈神祇〉〈人倫〉などと分類され,天地よりはじめて虫魚の類に及んでいる。…

【図書館】より

…それはまた史料編纂所の大事業《大日本史料》編纂にも受け継がれている。やがてわれわれはより便利な漢和字書《和名類聚抄(わみようるいじゆしよう)》をもつが,これも一種の類書であった。
[中世,近世]
 下っては,金沢(かねさわ)文庫足利学校が日本図書館史上重要である。…

【百科事典】より

…その編成は,日本的な類書の構成の原型となり,後世の和学に大きな影響を与えた。もう一つの例は,源順(みなもとのしたごう)が醍醐天皇の皇女勤子内親王の求めに応じて編纂した《和名類聚抄(わみようるいじゆうしよう)》10巻(略して《和名抄》,大幅に増補された20巻本もある)である。この書は,日本・中国の物名の語義と音訓を解説した辞書であるが,全体が類書的な部・門に編成されており,構成の面からみて百科事典的な性格をもっている。…

※「和名類聚抄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android